※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ゆーな「みんなーっおっはよーう!」
今朝もハイテンションで教室に入ってきたゆーな。
いつも挨拶を返してくれるクラスメートだったがゆーなの姿を見ると不穏な雰囲気が流れた。
ゆーな「あれー?どったのみんな。元気ないじゃーん」
ふいんきが読めず調子が変わらないゆーな。
すると一番側にいた風香が口を開いた。
ふーか「ねぇゆーなって…ファザコンって本当?」
ゆーな「へっ?」
好奇の目でゆーなを見る風香。
それだけではなく他のクラスメートもゆーなに同じような視線が向けられている。
ゆーな「な、何言ってるのよ、いきなり…」
ゆーなも集中した視線に気付きやんわりと返したが、生徒達はそれを肯定と解釈したようだ。
「えぇーマジでーw」「パパって呼んでたりしてw」「流石にそれは引くです。」
教室が嘲笑の渦で巻き込まれる。
  「一緒にお風呂入ってたりしてーw」
焦ったゆーなは誰かが言ったその一言にあわてて否定した。
ゆーな「い、今は寮なんだからそんな訳無いでしょー!」
馬鹿にされていたがなんとか笑い話で済ませようと自分なりにフォローする。
しかし朝倉が言ったその一言で事態は更に悪化した。
朝倉「お父さん、明石に欲情してたりしてーw」
「「「はっはっはっはっ!」」」
ゆーな「そ、そんな訳無いじゃん!」
父親まで貶されたゆーなは思わず逆上して彼女を突き飛ばす。
朝倉「いったぁ…」ゆーな「あっ!ご、ごめ…」
「あーあ、ゆーなちょっと怒りすぎぃ」「普通そんなに怒るかー」「図星だったんじゃねw」「空気嫁。」
ゆーなは不測の事態に顔が青ざめた。



教室中がゆーなを責めるような視線で見つめる。
ゆーなは耐えきれないがどうすることも出来ない。
すると運良くホームルーム開始のチャイムが鳴り、担任が顔を出した。
「はい、皆さんおはようございます!」
ネギの元気な挨拶。
「おはようございまーす!」
そしてその挨拶にゆーなの時とは正反対に明るく返す生徒達。
「ん?ゆーなさんどうかしたんですか?」
一人呆然と突っ立っているゆーなを見て、尋ねるネギ。
「う、ううん、なんでもないよ!」
ゆーなは空元気を振り絞り平静を装う。
「そうですか?でも顔色悪いですよ?」
「ネギくーん、授業遅れるよ?」
ネギは怪訝そうな顔で心配するが朝倉の一言でこれ以上追求するのは止した。
朝倉はニヤリと含みのある笑みを浮かべゆーなを一瞥すると席に着いた。