※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

コンコン
「どうぞ」
中から若い女性の声が聞こえてくる。
ドアを引くとそこにはやせ細った18歳くらいの少女が上半身を起こしてこちらをみている。
「ああ、瀬流彦先生でしたか。」
「あ…!きみは…」
瀬流彦は絶句した。そこにいた女性は瀬流彦の昔の教え子であった人だ。
しかしあまりの変わり振りに一目見ただけでは誰か気がつかなかった瀬流彦。
「…私あのころと変わっちゃいまして…」
彼女は作り笑いを瀬流彦に向けた。
向けられた瀬流彦はなんて彼女に声をかければいいのか分からず、戸惑っている。
「…フフフ…。無理しなくていいですよ、先生。もう大丈夫ですから。」
「あ、ああ。ごめんね!ハハハハ…!(ハァ…俺ってダメだな…)」
挙句の果てに気を使わせてしまったことに自己嫌悪してしまう瀬流彦。

「それはそうと突然どうしたんですか?」
彼女の言葉に用事を思い出した瀬流彦
「あ、そうだ。そこに置いてある人形なんだけど、どうしたの?」
「ああ、これですか?この前病院で散歩をしてたとき森のなかで拾ったんですよ。」
「森のなか…」
「森のなかで独りぼっちってもの可哀想な気がして…。」
よく見ると人形には所々に素人が裁縫したようなあとが付いている




「もしかして…持ち主が…」
「え?い、いや大丈夫だよ。うん」
「そうですか…。でも見つかったらいつでも言ってください。やっぱりその方がこの子にとっても幸せだと思うから…」
彼女は人形の頭を軽くなで、ニッコリと微笑んだ。

彼女に別れのした瀬流彦はチャチャゼロが落ちていたとされる森の中へと入っていく。
微かだが血の匂いと油の匂いがする。
おそらく一般人が感じないほどの濃度。
もしものために周りを警戒しながら進んでいく瀬流彦
進むにつれて匂いは段々と濃くなっていく
しばらく行くと『これより先危険。立ち入り禁止』と書かれた立札が立っていた。
立札は木で出来ていたため所々にカビがはえ、字もどうにか読める程度に残っていた
教職員である瀬流彦でさえ知らない未開の地。
明らかにこれ以上進めば自らの命の保証はないだろう。
もはや瀬流彦は進むことも引くことも出来なかった。



瀬流彦から連絡を受けた明石教授は娘の死に悲しみを覚えながらも涙を必死に堪え、携帯を耳に当てる。
「もしもし。」
「教授、どうなされたのですか。」
「刀子さん…、今から大至急病院裏の森に向かってください。」




「え?しかしあそこは立ち入り禁止区域で私もあそこには何があるのか…」
「…大至急です!!」
教授には珍しい怒鳴り声
刀子は一瞬でことの重要性を悟った。
「わかりました。」
「おそらく瀬流彦くんがいます。よろしくおねがいします…。」
電話を切るとこぼれそうな涙を袖で吹き、また電話をかけ始める。
「もしもし、高畑先生ですか。」
どうやら高畑と電話をしているようだ。
教師は時折悲しそうな表情をしながら電話を耳に当てていた。そして話が終わったのか電話を切ると、また電話をかけ始めた。
「もしもし。」
「シャークティさん。緊急です。今すぐ教会へ来てください。お願いします。」
「…わかりました。」
シャークティは一言だけ言うと、一方的に電話を切った


壁に刺さったナイフを抜き、一枚一枚写真を剥していく教授。
写真を取り終えた教授は、椅子に座り娘の写真をじっと見つめている。
「裕奈…、裕奈…。」
裕奈の写真の上に涙がこぼれる。
ふと前を見ると、目の前には大きな白い十字架が掲げられている
教授はその十字架に向かって熱心に祈り、一言だけこう呟いた。
『裕奈を…娘を…返してくだ…さい』
教会には男の泣き声が五月蠅いほど響き渡った。