※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「はっ…おかしな夢だった」
龍宮は、自分が拳銃をこめかみを撃ち抜き自殺しようとする
奇妙な夢から解放された。ベットは汗でびっしょりと濡れている。
嫌な汗が腋から流れている。我ながらなかなかの薫りだ。

汗をシャワーで流し、腋に8x4を吹き付け、朝食を取り、歯を磨き、
いつも通り学校へと向かった。

ジリジリと龍宮の黒い肌を太陽が責める。
今日も暑いなあ。そんな事を考えいてる内に、
昇降口まで来た。靴を脱ぐ。そこで彼女は始めて異変に気付いた。
『靴下を…履き忘れた!?』

行動派の龍宮はささくそと内履きを履き、教室に入る。
しかし、その強烈な臭いに周りが気付かぬはずもない。

給食の時、彼女の机と他の生徒達の机には距離が生じていた。
その後の休み時間に至っては、龍宮を除く3年A組の人間が廊下で会議をしていた。
龍宮を省る計画を皆で練っていたに違いない。

翌日から、龍宮はあの夢の通りに嫌われ始めた。
が、夢の龍宮より現実の龍宮は強かった。
皆に嫌われても蛙の面に小便といった感じで、全くへこたれるという事がない。
その態度がますますクラスメイト達の反感を買い、嫌がらせも始まったが、やはり動じない。
汚い仕事をして淀んでいった精神は、年頃の少女らしい繊細な感受性を欠落させてしまった。


それからの彼女は、以前よりも増して汚い仕事に没頭するようになった…

次のページ-ロッカールーム