※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

  • 行き方
対応する時計の暗号を解く事により行ける様になります

  • 迷路の地図
隠し通路の先にある天秤の部屋に繋がる迷路部分の地図です。
3D酔いしやすい人などは参考に。


前作と違い、二回目以降も3D移動で行くしかありません。

その日最後の行動として向かう場合は、
残り時間が片道+α程度の頃に出発する事で
復路に掛かる時間を節約する事も可能。


  • 行方不明になる人物の居場所
・ 「三笠」は「 地図矢印の真下の行き止まり(左へと進む) 」にいる
・ 「クレア」は「 サロン側の地下通路から降りた地下三階の赤い扉の小さい方
・ 「教授」は「 クレアと同じ場所にいるが、助けられない



添付ファイル