神の似姿としての人間


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「神はご自身をかたどって人を創造された(創世記 1:27)」とある様に、人間は神によく似た存在として創造された。
神に肉体はなく、その霊性のみが存在する。つまり「神の似姿としての人間」とは「その霊性が良く似ている」と考えられる。

また「人が一人でいるのは良くない。彼に合う助ける者を造ろう(創世記 2:18)」とも言われています。
神は父と子と精霊の三位一体であり、「異なる二つ以上の存在が一致する事」こそ神の霊性である。

つまり、夫婦が一致する姿こそ、神の現存であり、一人では不完全な人間ゆえ、男と女は父母の元を離れ、結婚し、神の現存に近づこうとする。