※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第8回雲ヶ畑森の文化祭ミーティング


議事録:真嶋

参加者:井上、堀切、中野、水谷、山北、広瀬、岩井、太田(安)、真嶋、三木、小林


役員報告

保険:保険の申し込みは終了。3000円/日
     順延・中止の場合は団体に即連絡のこと、お金が返ってきます。
   順延の際保険がきくのか、はわからない。


渉外:申請はほぼ完了。市については代表と渉外で行くとの案もあったが、渉外のみでいくことに。

会計:金券入れを欲しい。みんなください。
   金券をするのは、料金をとる企画の詳細が固まってから。
   *領収証のあて名は「雲ヶ畑森の文化祭実行委員会」

広報:うまくいってない。
   大田くんに決定したいたはずが、うまく引き継げておらず、大田くんはポスターを書いておけばよいと思っていたそうです。
   担当者は急きょ小林さんに変更。

   進行状況
   ・岩井さんがポスターのデータをもらい発注済み(A4 カラーで500枚)
   ・岩井さんの都合がつかないため、印刷屋に取りに行くのは広瀬さんに頼んだ。
   ・ポスティングの日程は20日に。9:00出町柳集合
   ・各施設への配布は機械的に行うこととする。

会場設営:看板製作を20の午後から予定

備品:机の必要数を各企画だしてください。足りない分の調整をしないといけません。
   <確認>
   備品の仕事は、机・椅子・パネル・などの共用物の調整を責任を持ってやること、と当日搬入の段取り。
   そのほかに必要な備品は各企画で責任を持って準備しておくこと。

シフト:各企画ごのに必要人数を連絡してください。
    当日スタッフ募集中

代表から:助成金のヒアリングに行ってきた。今年は助成金がおりそう。
     追加で出すべき書類があるが、それはまだ提出していない。
     ただ、来年からもっと審査が厳しくなると思われる。

     向こうから言われたこと
     ・お金がかかることはを聞かれ「車両借料」と言ったら、「地域の人と協力するならタダで借りろよ」とのこと
     ・企業からお金をもらったら?CSRでお金を出してくれる企業は多いよ
     ・役員に雲ヶ畑の人がいない。雲ヶ畑を協力して盛り上げるイベントではないのか。提出書類の趣旨と一致しない。
     ・広報先が森林すぎる。もっと「地域再生」みたいな観点で広報先を選んでは?

     車のこと
     前日・当日ともに軽トラと豆腐は確保した。
     山主さんに車を借りられないか頼むか?→頼めそうなのは、京都の町のほうにいる島岡さんと澤井さん。
     MT車を運転できるのは、山本、山北、中野、堀切、真嶋、金澤、岩井。


企画報告

藁草履:藁はもらってきた。準備はこれから。人手がいるのでよろしく。

薪割り:薪の準備について
    常次さんに聞くと「白石さんの木(林業センターにある)を使わせてもらったらどうか」
    白石さんは「出せるが、木はすべて広葉樹で堅いのでやめといたら。」
    29日の間伐で確保する予定。

    ただ雨のときどうするの
    →14日にも行って伐ってある木を確保してくる
    →それでもだめなら29日以降に確保

二人用ノコ:台は達二さんが持っているので連絡。
      薪割り機が薪く炭くから来て実演するとのこと

スギ玉、リース:準備は順調に進んでいる。できるだけ多くの材料が欲しい

目指せフォレスター:人員は岩井さんと林業工学の人
          材料などは準備した。八木木材市場から木をもらう。


体験企画の料金設定、お金を取る企画は300円ぐらいで


料理:バウムの企画はけっこういい感じ
   作る時間の調整を考えているところ
   なべとボウルを買いたいと考えてる。

   シカ肉シチュー
   昭夫さんと相談したところ、クリームシチューになる感じ。
   ただ肉がちょっと硬いのでどうにか柔らかくしたい。
   シカ汁もするかもしれない→要試作
   *シカ肉は200円/100gで購入先を確保済み。

カフェ:ドングリコーヒーは中止。
    竹コップを20日の午後にやります。

フェアトレード:NPOの人と調整中。

森の聖歌隊:不明

次回ミーティング

11月20日 18:30~ 雲の巣で