※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

中美知太郎

項目説明


田中美知太郎 (たなかみちたろう、1902年~1985年)は日本?哲学者?。日本哲学史における第3世代哲学者の一人。プラトン?の著作の翻訳で知られる。

生涯

新潟県?出身。京都帝国大学?ギリシア?哲学を専攻。法政大学?上智大学?をへて京都大学?教授。1965年退官。

一般に難解だと思われている哲学を、わかりやすい言葉で丁寧に解説した。そのため、プラトンなどのギリシア哲学の紹介にとどまり、独自の思想をもたなかったように思われているが、古代ギリシア哲学の持っていた問題意識を自分のものとして生涯探求し続けたという意味で、単なる哲学の紹介者ではない。著作はいまなお多くの人に感銘を与えており、ギリシア哲学の研究者にとって古典となっている。

参考文献

田中美知太郎著:『哲学入門』:講談社学術文庫?:1976年

カテゴリ: [哲学者]