※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

#blognavi
大阪府立大学とシャープは10月16日、本年6月より開始したシャープ製タブレット端末(Android 2.3、タッチパネル対応10.1型液晶)を活用した電子教科書の実証実験規模を拡大し、新たに看護学部の3年次生を対象に、本年10月より実証実験を開始すると発表した。

実験期間は2012年10月から2013年7月の予定で、看護学部 看護学専攻3年次生、合計92名が、看護学専攻教科書17冊を電子化して利用する。

両者は、大阪府立大学総合リハビリテーション学部の4年次生を対象に、タブレット端末を活用した電子教科書の実証実験を5月より試験的に導入、6月から本格的に開始開始しており、今回の実験はそれを拡大するもの。

本実験の対象学生は、在学中に長期間の臨床実習が予定され、実習期間中は大学への通学機会が減少し、大学の図書センターなどの利用や教員による学生への指導機会が限定的となる。そのため、e-Learning環境の整備をはじめ、より効果的な自己学習システムの開発が求められている。

今回、大阪府立大学看護学部が独自に開発した、事例学習を基盤とした看護技術の動画や問題集などのe-Learningコンテンツと、看護学部で使用する教科書を同時に電子化。シャープ製のタブレット端末に収録し、対象学生に貸与する。これらのコンテンツは、キーワードで一括検索し、複数の教材を比較しながら学習を進められるほか、手書きでのマーキングやノート機能も搭載しているため、通学中や実習先などで、手軽に学習することが可能となる。

今後、来年度以降の本格的な導入に向け、問題点など幅広く検証するとともに、他大学へも取り組み内容を積極的に紹介し、看護学界の先進的な役割を担っていく。

なお、実験結果の取りまとめとして、日本総合研究所が主催する「スマートキャンパスライフ研究会」(大阪府立大学、シャープ、出版社、流通事業者などの異業種で構成)において結果を集約し、課題検討を行う予定となっている。




カテゴリ: [ニュース] - &trackback- 2012年10月17日 14:37:23

#blognavi