※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

#blognavi
 放射性セシウムに汚染された牛の肉が流通している問題で、筒井農水副大臣は21日の記者会見で、暫定基準値を超える牛肉について、すべて国が買い上げる方針を明らかにしました。

 このなかで、筒井副大臣は、放射性セシウムに汚染された肉牛について「暫定基準値を超えた牛肉は国が買い上げて、直ちに焼却処分し、市場に出回らないようにする方向で検討している」と述べました。買い上げ対象となるのは、食肉処理された後に汚染が確認された牛肉です。流通に出回っているものも含みます。ただし、出荷前の牛は現状では対象となっていません。また、買い上げにかかる費用や買い取り価格などは早急に詰める方針です。農水省としては、こうした対策によって肉牛に広がる消費者の不安を解消したいとしています。



カテゴリ: [ニュース] - &trackback- 2011年07月21日 23:35:05

#blognavi