※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

#blognavi
 【フランクフルト(ドイツ)江連能弘】サッカーの女子ワールドカップ(W杯)ドイツ大会は17日(日本時間18日)、当地で決勝を行い、日本(なでしこジャパン)がPK戦の末、世界ランキング1位の米国を降し、初優勝した。

 日本・佐々木監督 選手が粘り強くやってくれた。(PKは)どっちになるかわからないけれど、意外に冷静でした。ここまでくれば、十分ですから。小さな娘たちが粘り強くやってくれた。日本のみなさんも喜んでくれると思う。

 日本・澤 最後まで走り続けた。全力を出し切りました。ずっと世界一を目標に戦ってきた。この現実を受け止められないですけれど、うれしいです。(W杯出場)5回目にしてしっかり結果を残せました。金メダル、持って帰ります。

 日本・永里 大会を通していろんなことがあり、自分も苦しいときもあった。優勝をみんなと分かち合うことができて、自分にとっても大きな財産になった。みんな一つになって戦う気持ちが強かった。これから女子サッカーが注目される。これからが自分たちの世代にとって重要。どう発展していくか、果たしていくべき責任を感じる。

 日本・阪口 優勝よりも、米国に勝ったことの方(への喜び)が先にあった。今まで(米国に)勝てなかったけれど、すばらしい舞台で借りを返すことができてうれしい。(リードを許した時に)ピッチの中でも「あきらめるな」という声が飛んだ。「ここであきらめるわけにはいかない」と思った。

 日本・丸山 (優勝メダルを見て)すごいですよね。重みのあるメダルです。震災以来、日本が苦しい状態だった。震災で復興に立ち上がる人たちの姿を見て、私たちも力をもらった。その力が優勝に導いてくれた。日本で一つになった勝利だと思う。

 日本・安藤 「なでしこジャパン」を、ドイツにも世界にもアピールできた。一人一人が最後まであきらめなかった。最高でした。チームのためにみんなが戦った。自分も走り回って戦いました。最高です。

 日本・宮間 ホッとしています。みんなががんばった結果。個人的な表彰は澤選手がされたが、みんながみんな最優秀だと思います。最後の(米国との)試合は、相手に押される時間も多かった。これをステップに新たな「なでしこジャパン」にしていきたい。

 日本・熊谷 (自らのPKで決着がつき)失点してしまったことが(頭に)あった。自分の足で決めたいと思った。思い切ってけるだけだった。(メダルを見て)一番輝きがある色。そうそうかけられない色、うれしいです。

 日本・海堀 (PK戦について)試合で2失点したので、ここで止めないと。自分を信じ、みんなのことを信じて、思い切ってやっていこうと思った。(米国は)うまかったです。それ以上にみんなががんばった結果、優勝できたと思う。

 日本・鮫島 試合前に全員で細かいことを確認するなど、コミュニケーションがうまくできた。(前所属は、なでしこリーグ・東電)私がこの場に立っていられるのはたくさんの人のおかげ。




カテゴリ: [ニュース] - &trackback- 2011年07月18日 11:25:21

#blognavi