※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。



率直に言うと、この本は大学入試用には使いづらい。
深すぎるのである。
細かい英語表現のニュアンスを、さまざまな例文を示して見せてくれる良書であることは間違いない。
ただ受験に使えるか、というとそうでもない。
値段も高い。

しかし、英文の奥深さを知りたい人には真っ先におすすめしたい。
あこがれてほしい一冊である。

定価(税込み): ¥2730
難易度:
ジャンル: 参考書
おすすめ度: ☆★★★★
リンク: 新訂・英文解釈考

使いやすさ 2 正直受験勉強に「使う」という観点の本ではない。
内容の良さ 8 内容は深い。が解説がやや不親切。
受験に役立つ 2 大学受験用には見えない。
見やすさ 2 最近の参考書に比べると格段に読みづらい印象。
総合評価 3 良書だが、どう考えても大学受験用ではない。

高1 高2 高3 センター 私大 難関大
× × × ×