※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

#blognavi
日銀は、景気の現状について、「改善の動きが鈍った状態から脱しつつある」として、景気判断を9カ月ぶりに引き上げた。
15日午後、日本銀行・白川総裁は会見で、「(景気が)改善テンポの鈍化した状態から、徐々に脱する動きが確認されつつあります。(景気は)着実に前進と判断しています」と述べた。
日銀は金融政策決定会合を開き、新興国向けの輸出が回復してきたことなどから、2010年5月以来、9カ月ぶりに景気判断を引き上げた。
一方で、先行きについては、食料や原油などの国際価格の上昇が経済に与える影響を、注視する必要性を指摘した。
こうした判断をふまえ、会合ではデフレ脱却に向け、事実上の「ゼロ金利政策」を継続することを決定した。
また、白川総裁は、企業部門が成長する新興国経済の恩恵を直接受けているのに対し、家計部門にはなかなか十分には染み渡っていかないと指摘し、景気改善の実感で、企業と家計との間に乖離(かいり)があるとの認識を示した。



カテゴリ: [ニュース] - &trackback- 2011年02月15日 22:58:37

#blognavi