※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Apple、iTunesでビートルズの発表に「予想通り」「ガッカリ」の声

Appleは日本時間の11月17日(水)0時、iTunesでザ・ビートルズ(以下ビートルズ)の楽曲配信を開始しました。前日の夜から、 Appleのサイト上で何らかの発表があることを告知していた今回。あらゆる予想が飛び交っていた中で発表された「ビートルズの楽曲配信」という結果に、さまざまな反応が起きています。
■何が起きる?各メディアで前日から大報道

明日、いつもと同じ一日が、忘れられない一日になります――。Appleは11月16日(火)、注目せずにはいられないこんなキャッチコピーとともに、「iTunesからの特別な発表」が翌日にあることを告知しました。これを見たAppleファンは大興奮。各メディアもこぞってこのニュースを取り上げたため、ますます発表への期待度が高まっていました。


そして、待ちに待った発表の時刻。0時ごろに姿を現したのは、歴史に残るロックバンド「ビートルズ」の写真と、「ビートルズがiTunesにやって来た」という言葉でした。特別な発表とは、ビートルズの楽曲がiTunesで配信されることだったのです。

▽ アップル - iTunesでビートルズを。

▽ ビートルズがiTunesにやって来た。

iTunes Storeで配信されるのは、13枚のオリジナルアルバムや、2枚組の「Past Masters」、「赤盤」「青盤」の名称で親しまれているベスト盤、iTunes限定「Beatles Box Set」――計17作品です。

アルバム単位はもちろんのこと、1曲ずつダウンロードすることも可能です。また、Appleのサイトではビートルズのヒストリー動画や、iTunesの TVCMの映像、1964年に行われたライブ「Live at the Washington Coliseum, 1964」の動画を見ることもできます。

iTunesでビートルズの曲が購入できるというだけでは、今回の発表の重要度がイマイチ伝わってきませんが、Appleにとっては間違いなく大きなターニングポイントとなりました。

■Appleとビートルズの間に長年あった確執

Apple とビートルズの間に溝が生まれたのは1978年。ビートルズの管理会社「Apple Corps」が、「Apple」という社名が商標権の侵害に当たるとして訴訟を起こしました。1981年には、AppleがApple Corpsへ和解金を支払うとともに、「Appleは音楽事業へ参入しないこと」「Apple Corpsはコンピューター事業に参入しないこと」という条件に双方が同意、和解が成立しました。

しかしAppleはその後、「iPod」の発売や「iTunes Store」の開設などで、音楽事業に参入。2003年、Apple Corpsが訴訟を起こし、2007年に再度和解を果たすなど、両社の間にはさまざまな“モメごと”が頻発していました。この顛末は、ITmediaやウィキペディアの記事で詳しくまとめられています。

▽2つの「Apple」、iTunesとビートルズ - ITmedia News

▽アップル対アップル訴訟 - Wikipedia

一言では語り尽くせない両社の関係。今回の配信決定について、ビートルズのメンバーとAppleのCEOスティーブ・ジョブズはそれぞれ、以下のようなコメントを発表しています。

   「ザ・ビートルズの音楽をiTunesで提供できることをとても嬉しく思っています」(サー・ポール・マッカートニー)
   「いつになったらiTunesでザ・ビートルズを聴くことができるのかと聞かれなくなることが特に嬉しいです」(リンゴ・スター)
   「私たちはザ・ビートルズを愛しています。iTunesでザ・ビートルズの曲を提供できることを名誉に思い、興奮しています。」 (スティーブ・ジョブズ)
   【一部抜粋】


■重大な発表=ビートルズは予想通りorガッカリ?――ユーザーの反応は

Appleのビートルズに対する思いが実ったとも言える、今回の配信開始。ユーザーの反応はどのようなものだったのでしょうか。

そもそも今回の発表内容は、有力筋から仕入れた情報を元に、一部メディアや有識者の間で予想が行われていました。

▽ 「iTunesからの特別な発表」はビートルズの楽曲販売か - ITmedia News

▽ 予告された「iTunes」関連の発表--アップルが予定しているのは何か? - CNET Japan

このこともあり、発表後はTwitterや2ちゃんねるなどで「やっぱりビートルズだったか」という声が飛び交いました。

ほぼ同時に上がったのが「それだけ?」という反応です。Twitterでは「ズコーっっっっ」「そんだけ?>Apple」という声が。また2ちゃんねるでも「大騒ぎしてネタはこれかよ」「Appleの自己満じゃねえかよ」などの声が上がっています。

<Twitterの反応まとめ>

▽ Togetter - 「史上もっともビートルズがガッカリされた瞬間」

<2ちゃんねるの反応まとめ>


AppleとApple Corpsの抗争の歴史という観点から見ると大きなニュースですが、その抗争自体を知らないユーザーにはピンとこなかったようです。しかし、このようにたくさんの反応があったということは、ある意味で「忘れられない一日」になったとも言えます。

(タニグチナオミ=はてなブックマークニュース)