※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ロタゴラス

項目説明


プロタゴラス (紀元前500年ころ?~紀元前430年ころ? もしくは 紀元前485年ころ?~紀元前415年ころ?,英:Protagoras)は古代ギリシア?哲学者?ソフィスト?の典型。ゴルギアスとともに弁論術?の教師として有名。「万物の尺度は人間である」という言葉で有名で、個人主義・主観主義・相対主義にのっとった哲学を唱えたと言われている。

生涯

今日でいうダーダネルス海峡?付近のアブデラ?の生まれ。生年については第84回古代オリンピック会期アクメーとする説が有力であるが、後述のトゥリオイ?建設の年をアクメーとするもので根拠が薄弱であり、プラトン?の対話編『プロタゴラス?』の記述とも矛盾することが指摘されている。

アテナイ?が南イタリア?での拠点として期待したトゥリオイ?という植民市のために憲法を起草している。

参考文献

田中美知太郎著:『ソフィスト』:講談社学術文庫?:1976年

参照

ウィキペディア


カテゴリ: [哲学者]