※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ンス・クリスチャン・アンデルセン

項目説明



ハンス・クリスチャン・アンデルセン (1805年4月2日~1875年8月4日,英:Hans Christian Andersen)はデンマーク?の童話作家、詩人。「童話の王さま」とも呼ばれる。

生涯

デンマーク、フューン島の都市オーデンセ?の出身。家は貧しい靴屋であった。

16歳のときに音楽学校に入学、戯曲『森の礼拝堂』を書く。21歳のときの詩『臨終の子』が新聞に掲載され、詩人として有名となる。1835年(30歳)小説『即興詩人』出版。同じ年に童話集「子どものための童話集」第一集出版。

作品論

アンデルセンの童話はグリム兄弟?とは異なり、創作したものが多く、民話の影響は少ないといわれている。またアンデルセンの創作童話に差別的な表現が多いと考える人もいる。

参照

ウィキペディア


はてな


カテゴリ: [デンマークの作家]

アクセス数: -