※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

#blognavi
2006/6/15
amazon plugin Error : amazonから画像データを取得できませんでした。時間をおいて再度実行してください。また、image=(画像URL)パラメーターを利用することで、画像データを取得せず表示することができます。
ぇへ~い!今日はシンディ?です。とくにこの「A Night to Remember」はシンディのアルバムの中でも一番好きですね。

ま~このアルバムでは、初期にあったはじけるような曲がなくて、非常に成熟した感じの曲が多くなっています。アルバム全体の感じとしては1stアルバムの「Time after Time」風に仕上げられているって感じかな。

中島みゆき?で言うと、「あした」みたいな曲の感じでアルバム全体が構成されてますね!←なんで、中島みゆきかは問わないで。

1stアルバムでは、はっちゃけたり恋に悩んだりする少女を歌ってたシンディが、小悪魔的な魅力や大人の恋の憂愁を歌っているって感じです。声も(歳とったせいもあるだろうけど)落ち着きが増し、その分内面の深みを丁寧に歌い上げるスタンスに変わっているような気がします。

ジブリ?作品で言えば、1stアルバムの頃は「魔女の宅急便?」や「耳をすませば?」の登場人物に近い気持ち、このアルバムでは「紅の豚?」の登場人物のような気持ちが歌われている、と。←わかりにくっ。

まあ良くも悪くもこのアルバムから雰囲気が変わったような気がしますので、シンディファンはいろいろ意見があるのでしょうが、私はなんとなくこのアルバムはシンディ本来の個性がよく出ているんじゃないかと思っています。素敵なアルバムですよ。


カテゴリ: [音楽] - &trackback- 2006年06月15日 13:05:12

名前:
コメント:

すべてのコメントを見る

#blognavi