※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

牧の起源

項目説明

遊牧の起源 (ゆうぼくのきげん)について。遊牧?生活は狩猟?採集生活や農耕?生活とは異なり、騎馬、搾乳、去勢の技術が不可欠である。遊牧の起源については現在三つの主要な見解がある。

狩猟社会起源説

主に生態学の見地からなされている見解。森林地帯で狩猟採集生活をしていた人々が、やがて森林周辺で群れをなして生活する有蹄類の動物に注目し、はじめはその群れに付き従っていく形で、彼らとの関係を持ち始めたという説。

農耕社会起源説

主に考古学的成果からなされている見解。まずオアシス地帯に定住して農耕をしていた人々が、オアシス周辺の動物を狩って食料としていたのを飼育するようになったとする説。

折衷説

馬の飼育は狩猟民が、山羊や羊の飼育は農耕民が始めたとする説。

カテゴリ: [解説]