※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


 そっと髪流れて

 指で分け入る

 香りの端


 淫らなりしや

 自ら戒む


短歌。2006年。

カテゴリ: [落書テキスト]

アクセス数: -