※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

なし歌

 夜の校舎を見てごらん

 ぬっと出ている白い顔


 廊下で止まっちゃいけないよ

 後ろをあの子がついてくる


 トイレの前では目を閉じて

 鏡の中に赤い紙


 ブランコゆらゆらゆれている

 首がないのはご愛嬌


詩。2006年。

カテゴリ: [落書テキスト]

アクセス数: -