※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


 たてがみに春を乗せて

 草原を往け


 大地の果てまでも

 空の向こうにも

 駆けてゆけ


 蹄に大地は震え

 いななきに山は鳴く


 鷹は大空高く

 羊はやわらかに草を食む


 おまえは誇り高く

 どこまでも駆けてゆけ


 汗が血となり

 肌を流れて土となる


詩。2006年。

カテゴリ: [落書テキスト]

アクセス数: -