※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

壺と段ボール


 土手を歩きながら
 財布をいじっていた

 10円玉が転がって
 ころころ河原へ落ちてった

 半分青くなった平等院の上を
 カエルがぺこんと跳びこえた

 オナモミがチクチク足をくすぐって
 なぜか心もチクチク痛んだ

 すすきはいつもサラサラ
 すすきの向こうもサラサラ

 サラサラ流れる川音が
 ぬめりを含んだ匂いを運んで

 とっても気色が悪いのに
 風はとっても気持ちよかった

 必要なのは

 ぼろぼろの段ボールと
 底のかけた壺

 大切なものは段ボールにしまい込んで。

 涙は壺にすべて落として。

 それだけあれば
 当分困りはしないはず。


詩。2006年。

カテゴリ: [落書テキスト]