死神と呼ばれた少年

このページを編集する    

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ふと気がついた時、僕の眼前に広がっていたのは欝蒼と茂った背の高い森の木々だった。
これは、町のそばに広がっているあの深い森の中なのだろうか・・・?
だがぼんやりとした頭でそんなことを考えている内に、僕は何気なく自分の手の異様に気がついてそれをまじまじと見つめていた。
確かに自分の手が存在しているはずの場所に見える小さな黒い蹄と腕に当たる部分に生えた白い斑点のある栗毛が、この世界での自分の正体へと僕の意識を導いていく。
ああそうか・・・今度は僕・・・仔鹿なんだな・・・
道理で周囲に生えている木がやたらと大きく見えるはずだ。
恐らく目の高さは地面から50cmくらいといったところに違いない。
そんな新鮮な森の景色を堪能しながら、僕はしばらく森の小道を歩いていた。

ガサッ・・・
とその時、突然背後から何やら不穏な物音が聞こえてきた。
いつも感じる悪い予感に思考を巡らす猶予もなく、仔鹿の首がグルンと物凄い速さで背後へと振り向けられる。
果たしてそこにあったのは、ようやく空腹を満たせる喜びに顔を綻ばせた1匹の大きなドラゴンの姿だった。
暗い森の色に同化するかのようなその深緑色の鱗がギラギラと鈍い光を照り返し、早くも獲物である僕の味と想像しているのか鋭い牙の生え揃った顎の端からトロトロと唾液が溢れ出している。
う、うわっ・・・
「ヒッ・・・!」
その恐ろしい捕食者の姿を目の当たりにした瞬間、まるで僕の上げた声をそのまま外に吐き出したかのような仔鹿の引き攣った悲鳴が辺りへと響きわたった。
そしてまるで弾かれたかのようにドラゴンへと背を向けると、仔鹿が正に脱兎の如くといった様相で一目散にその場から逃げ出し始める。

ザッザッザッザッ・・・ガッズザァ!
「ヒギィ!」
だがほんの数歩も走らぬ内に、仔鹿である僕は背後から一足飛びに襲いかかってきたドラゴンに捕まると柔らかな黒土が覆った地面の上へと勢いよく押し倒されてしまっていた。
た、助けて・・・!
「ヒィ・・・ヒヒー!」
自分の何倍もあるようなドラゴンの巨体に背後から組み敷かれ、その細い首筋に唾液の滴る牙を押し付けられる恐怖・・・
僕の頭と背中を地面に押し付けているドラゴンの腕にはほんの一握りの力しか込められていないのだろうが、最早絶体絶命の獲物と化した仔鹿にはそれを撥ね退ける力など微塵も残されているはずもない。
やがて死に対する諦観に仔鹿がそっと目を閉じると、首筋に鋭い牙が食い込んだズブッという鈍い感触とともに意識が暗い闇の中へと吸い込まれていった。


「わあぁっ!」
不意に全身に弾けた恐怖の奔流に、僕は勢いよくベッドの中から飛び起きていた。
その声に驚いて両親が慌てて僕の部屋を覗きに来たものの、すぐに2人ともいつものことかとばかりにそっけない顔で部屋を出て行ってしまう。
「よかった・・・見たのが人間の夢じゃなくて・・・」
僕は両親を驚かせてしまったことに軽い気恥ずかしさを感じはしていたものの、そう声に出して平静を取り戻すと近い内にドラゴンの餌食になるであろう憐れな仔鹿を思って窓から見える森へと視線を向けていた。

僕は、時々誰かが死を迎える瞬間を夢に見ることがある。
そしてその夢の中で起こったことは、正確に何時かはわからないものの近い将来に現実となるのだ。
いわゆる予知夢というものなのだろうけれど、不思議なことに僕はその死の予知夢以外に夢を見たことがない。
僕がその忌わしい能力に気が付いたのは、6歳の時にお爺ちゃんとお婆ちゃんを亡くしたのがきっかけだった。
町の周囲を取り囲んでいる森にお婆ちゃんが山菜を採りに行こうとした前日の夜、僕はお婆ちゃんが森の中を流れる川沿いの土手で足を滑らせて溺れてしまう夢を見たのだ。
しかもそれは決して客観的に景色を見るようなおぼろげな夢などではなく、まるで自分自身がそのお婆ちゃんになったかのように鮮明で恐ろしいものだった。
傾斜の急な土手を転がり落ちる感触や、勢いよく流れる川の水の味までもが今も記憶の底にこびり付いている。
だが僕はそれをただの何でもない悪夢だと思い込み、その時はお婆ちゃんはもちろんパパにもママにも夢のことは話さなかった。
そして何も知らずに森へと出かけて行ったお婆ちゃんはその日・・・結局家には戻ってこなかった。

さらにその晩、僕は今度はお爺ちゃんが森の中で大きな熊に襲われて命を落とす夢を見た。
翌日森にお婆ちゃんを探しに行くと言い出したお爺ちゃんの様子には流石に不安に駆られて夢のことを教えてみたものの、幼い僕の言うことなどにはまともに取り合ってくれるはずもない。
やがて日が暮れても一向に帰ってくる気配のない2人を心配して町中の人達で森の中を捜索すると、川の下流で力尽きているお婆ちゃんと森の中で猛獣に襲われたと見える無残に変わり果てた姿のお爺ちゃんが見つかった。
それ以来、僕が度々町の誰かが死ぬ夢を見る度にそれを警告するようになったのは言うまでもないだろう。
だが幾度となく予言通りの死が繰り返される内に、やがて町の人々は僕を恐れるようになっていった。
悉く現実となる死の宣告を恐れて、パパやママまでもが僕のことを気味悪がり始めているのだ。

「こんな力なんて、もう無くなっちゃえばいいのに・・・」
朝だというのにもかかわらずどんよりと曇った外の様子を眺めながら、僕はぼそりとそんな独り言を漏らした。
何しろいくら夢とは言え、僕は今までに見た予知夢の数だけリアルな死の恐怖を味わい続けてきたのだ。
小鳥になって空を飛んでいる内に何処からともなく飛来した鷹の鉤爪に引き裂かれる夢や、草食動物になって熊や森の何処かに巣食っているドラゴンの餌食になるような夢はまだいい方だろう。
中には町中で不運な事故に遭った人や目を血走せた人間に殺されるような夢まで見ることがあるのだから、いつ知っている人達が死んでしまう夢を見るのかとハラハラしていなければならないのは辛いものがある。
尤も同世代の子供達にも死神なんて呼ばれて忌避されている僕にとっては、親しい友人など1人もいないのだが。

しばらくそんな暗い思索に耽りながら見飽きた外の景色から視線を外すと、僕は朝食を摂るために家の階段を降りて行った。
やがて下着姿のまま階下に着いた僕を見つけると、既に食卓についていたパパが何処となく不安げな表情を浮かべながらも夢のことを聞いてくる。
「それで・・・今日は誰だったんだい・・・?」
パパは多分、知人の誰かが死ぬことよりも自分が死の宣告を受けやしないかが心配なのに違いない。
「ううん・・・今日は森に住んでる動物だったよ」
「そ、そうか・・・それはよかった」
その僕の返事を聞いて、パパがあからさまにホッと胸を撫で下ろす。
どこがいいもんか!僕の悩みなんてほんのこれっぽっちも知らない癖に!
だがそんな激情に任せた悪態をつく気力もなく、僕は黙って席に着くともう慣れてしまった重苦しい雰囲気の中で朝食を食べ始めていた。

「あの仔鹿・・・もうドラゴンに食べられちゃったのかなぁ・・・」
朝食を終えて部屋に戻ると、僕は再びベッドの中に潜り込んで窓の外へと顔を向けた。
そして忌々しくもハッキリと脳裏に刻み込まれてしまった夢に見た光景を、頭の中で何度も何度も反芻する。
僕を地面に押さえつけたドラゴンから吹き掛けられる興奮に湿った生暖かい吐息の気配や、暴れようとする気力すら奪い去ろうとじっくり嬲るように首筋に這わせられたおぞましい舌の感触。
そんなとても夢とは思えないほどに現実味を帯びた恐怖に身を震わせている内に、僕は何だか遠く離れた森の中から仔鹿の悲痛な断末魔の声が聞こえてきたような気がした。

さて・・・しばらく学校が休みなのはいいとして、この曇り空じゃあきっと外へ行っても憂鬱になるだけだろう。
何だかもう1度寝たらまた見たくもない悪夢を見てしまいそうで少し不安だったものの、こんなつまらない日は何もせずに部屋でじっとしているに限る。
どうせ僕が夢を見ても見なくても、死の運命を覆すことができる者などこの世には存在しないのだ。
その証拠にこれまで何度も夢で見た死を声高に呼びかけてきたというのに、それを聞いてなお今も生きている人はただの1人もいない。
やがて冬の肌寒さが甘いまどろみを運んでくると、僕は心地よい暖かさに身を委ねて静かに目を閉じた。

ん・・・
次に目が覚めた時、僕は深い闇の中にいた。
確かに意識が覚醒はしているのだが、感じるのはゆったりとした周期の長い呼吸の音ばかり。
これは・・・もしかして僕はまた誰かの予知夢を見ているのだろうか・・・?
仮にそうだとするならば、僕の意識が乗り移っているこの生物は恐らく深い眠りについているのだろう。
「ピィーピリリリリリリリリ・・・」
だがその眠りもやがて、不意に何処からか聞こえてきた妙な鳥の鳴き声に邪魔されてしまう。
「う・・ん・・・」
幾分か艶のかかった溜息のような声が聞こえ、大きな体がのそりと動いた気配がある。
そして薄っすらと両目が開けられると、僕は周囲の様子を素早く窺った。
どこかの洞窟の中なのだろうか、遠くに歪な蒲鉾型に切り取られた外の景色が見える。
自分の腕は暗闇のせいでよくは見えなかったが、どうも赤っぽい色をした短い毛で覆われているらしかった。

「ピィーピリリリリリ・・・」
「んん・・・うるさいわねぇ・・・」
え・・・喋った・・・?
先程自分の腕が視界に入った時、確かに僕の正体は人間ではなかったはず・・・
なのにこいつは今、人間の僕にも理解できる言葉を発した。
だが背後で揺れる太い尾の感触や舌先でなぞる長い牙の存在に、ようやく僕が誰なのかを理解する。
もしかして僕・・・ドラゴンになってるのかな・・・
「ピィーピリリリリリリリリリリー・・・」
やがて安眠を阻害されて不快感を募らせるドラゴンに更に追い打ちをかけるかのように、一際高い鳥の声が洞窟の中にまで響き渡った。
「もう・・・!いい加減に静かにしないと怒るわよ!」
それに続いて吐き出された、ビリビリと空気を震わせるようなドラゴンの怒号。
口調から察するに、恐らくは雌のドラゴンなのに違いない。
そしてしばらくすると、ドラゴンはなかなか鳴き止もうとしない甲高い鳥の鳴き声に業を煮やして地面に伏せていた巨大な体をゆっくりと起こしていた。

それにしても不思議な話だ。
今まで僕が見た夢では必ず結末には己の死が待っていたはずなのだが、少なくとも今の所この雌のドラゴンにはさっぱり命を落とすような予兆が見当たらない。
今から洞窟の外に出て行ってピリピリと泣き喚くうるさい鳥を追い払いに行くのだとしても、その行動に一体どんな死の危険が伴うというのだろうか?
だがもしかしたら初めて死の予知ではない夢を見れたのではないかと安堵した次の瞬間、流石の僕にもまるで予想できなかった信じられない事態が起こった。

ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ・・・・・・
突如洞窟内に響き渡った、耳を劈くようなけたたましい豪音。
それとともにグラグラと激しい揺れが足元を襲ってきて、僕は立っていることもできずにその場に身を伏せた。
うわわ・・・
「きゃぁ!」
ピシ・・・ピシピシッ・・・
凄まじい地震の揺れのお陰で、厚い岩でできた洞窟の天井に少しずつ亀裂が入っていく。
まずいぞ・・・このままここにいたら、きっと天井が崩れてくるに違いない。
だがなおも揺れ続ける地面に重い体重を支える足が取られてしまい、ドラゴンは既に逃げるどころかその場から立ち上がることすらできなくなってしまっているようだった。
そして・・・僕の頭上で何かが弾ける音が盛大に鳴り響く。
ガラガラ・・・ドドドドドドドドド・・・!
う、うわああああああああ・・・!
「ああぁ~~っ!」
やがて崩壊した洞窟の天井から大量の土砂と大岩が自らの上に降り注いでくる光景を最期に、しばし雌のドラゴンとなっていた僕の意識はそこでぷっつりと途切れることとなった。

「・・・!」
次の瞬間、僕は声を上げることもできずにベッドの上で体を起こしていた。
雌のドラゴンが迎えた死の恐怖などよりも、もっと大きな衝撃が頭の中を駆け巡っていく。
僕が夢で見たことがいずれ現実に起こるのだとしたら、今のは1匹のドラゴンの死であると同時に近々大きな地震がやってくるという予知に他ならないのだ。
反射的に窓の外へと目を向けてみると、何時の間に降り出したのかザーザーという音とともに激しい雨が窓を叩いている。
時間は昼を少し回ったところだろう。
目を覚ましたドラゴンの視界の中に一瞬だけ映った洞窟の外では、確か雨は降っていなかったはずだ。
それにそれまでドラゴンが長いこと眠っていたことを考えれば、恐らくあれは朝の出来事に違いない。
ということは明日か、或いは明後日か、いずれにしろ晴れた日の朝に大きな地震が起こるということなのだろう。

僕は急いでベッドから這い出すと、慌てて服を着替えながら階下へと降りて行った。
だがパパもママももう仕事へ行ってしまっているのか、家の中に2人の姿は見当たらない。
それに冷静になって考えてみると・・・果たしてこのことを本当に両親に話してもいいものなのだろうか・・・?
2人ともただでさえ僕から不穏な話を聞くことを恐れているというのに、そんな時に僕が"大地震が来る!"なんて言ったら、家の中で一体どんなパニックが起きるかは容易に想像がつく。
いつかは伝えなければならないことには違いないが、僕は黙って部屋に引き返すとベッドの上に寝転がってゴロゴロと本を読みながら2人の帰りをじっと待つことにした。
だが手にしたマンガの本からちょっとでも意識を逸らすと、再び夢の中の光景が目の前に広がってくる。
どうして神様はこの僕に、こんなありがたみのない能力を授けたのだろう・・・?
誰かの死の瞬間が見えることに、一体何の意味があるっていうんだ?
しかも周りの人達は夢の内容なんて目を覚ました時には半分以上忘れているって言うけど、僕の場合は何故か、まるで実際に自分で体験した出来事のように鮮明に夢の中身を思い出すことができるのだ。
いっそ起きた時に全部忘れてしまえば、僕だってこんなに悩みを抱える必要はなかったのかもしれないのに・・・

やがて夕方になってパパとママが仕事から帰ってくると、僕は何事も無かったかのように平静を装ってリビングへと降りて行った。
そして食卓についたままテレビを見ているパパの隣に静かに座り、話を切り出すタイミングをじっと窺う。
「ねえパパ・・・」
「ん・・・?」
パパは相変わらずテレビの方に顔を向けたままだったものの、僕の声を聞くとビクッと小さく身を竦めていた。
全く・・・僕が言うのもなんだけど、本当に情けない父親だと思う。
それを見た途端に何だか緊張していたのが馬鹿らしくなってしまい、僕は喉まで出かかっていた夢の話をゴクリと飲み込んでいた。
「ううん、やっぱり何でもない」

やがて夕食を終えて部屋に戻ると、僕はほんの少しだけ窓を開けて明日の天気を窺った。
すっかり陽の落ちた空は相変わらず厚い黒雲が覆い尽くしていて、雪に変わる前の大雨はまだしばらくの間止む気配がない。
取り敢えず、あの夢の出来事が起こるのはもう少し先のことなのだろう。
そうして明日もまた退屈な1日が待っていることを確認すると、1日中寝転がっていたせいで暖まったベッドに潜り込んで次第に体を包み込んでいく眠気に身を任せる。
今日はもう朝にも昼にも恐ろしい夢を見たし、流石に夜くらいは静かに眠りたいものだ。
だが決して贅沢とは言えない僕のそんなささやかな願い事でさえ、結局叶えられることはなかった。

「ん・・・」
不意に眼前に広がっていた、しんと静まり返った昼下がりの深い森の景色。
その数分前とは繋がりのない突然の光景に、僕はまた夢を見ていることを自覚していた。
今までは予知夢を見るのは精々が2、3日に1回程度の頻度だったというのに、今日だけで3度も夢を見るなんてどうかしているとしか思えない。
だが町に暮らす人間がそう頻繁に命を落としているはずもなく、大抵は弱肉強食という自然の摂理の犠牲となる森の獣達の最期を看取ることが多かった。
(もちろん老衰や病気で亡くなる人は大勢いるだろうが、僕は何故かそんな夢だけは1度も見たことがなかった)
森の中ということを考えれば、今回もきっと猛獣に襲われて命を落とす小動物か何かの夢に違いない。

だがそこまで考えた時、僕は目に見える森の景色が実に自然で何の遜色も無いように見えることに気が付いた。
あれ・・・僕・・・もしかして動物じゃない・・・?
もし今見えているのが4足動物の視界ならば、もう少し目線が低い位置にあってもおかしくないだろう。
だが視界以上に全身に感じるありとあらゆる感触が・・・僕が紛れもなく人間であることを知らせていた。
やがて自分では動かすことのできない人間の視線が少しだけ下げられ、自分のものと思しき両腕が目に入る。
え・・・これって・・・
そこにあったのは、夢ではなく現実の世界で何度も目にしてきた自分自身の腕。
これは僕だ・・・僕が僕の夢を見ているんだ・・・!

それは普通の人にとってみれば、不思議でもなんでもない極々当たり前の出来事だった。
だが僕にとって、それは決して受け入れることのできないある結末を意味している。

死・・・

自分の置かれているこの上もなく恐ろしい状況に、僕は背筋が凍るような悪寒を味わっていた。
その数瞬後・・・"その結末"を運ぶ冥界の使者が僕の前へと姿を現す。
「グル・・・グルル・・・」
突如として背後から聞こえてきた、獰猛そうな獣の唸り声。
まるで自分がそうしようとしたのと寸分違わぬ動作で、"夢の中の僕"が恐る恐る背後に顔を振り向ける。
何時の間にそこまで近づいてきていたのか僕が視線を向けたその数メートル先では、冬眠を間近に控えて気性を荒げた1匹の大きな熊がじっと僕を睨み付けていた。
う、うわああっ!
「う、うわああっ!」
誰にも聞こえぬはずの僕の悲鳴を、"夢の中の僕"が代わりに上げてしまう。

「グオアッ!!」
その獲物の上げた狼狽の声に反応したのか、熊は威嚇とも取れるような大声を上げると足が竦んで動けなくなっていた僕に向けて勢いよく飛びかかってきていた。
ドッ!ドサァ!
「うあっ!」
そして成す術もなく地面の上へと押し倒され、両肩と胸に凄まじい体重を預けられる。
「た、助けて・・・誰・・・うぁ・・・た・・・すけ・・・」
やがてメキッという音とともに押し潰された肺から空気が漏れると、助けを求める声が微かな喘ぎのように森の中へと霧散していった。
そんな僕の目の前で、腹を空かせた熊が恐ろしい牙の生え揃った大きな口を開ける。
牙の先を伝った唾液がトロリと細い糸を引いて流れ落ち、ようやく腹を満たせる喜びに熊の両目が爛々と輝いていた。
い、いやだ・・・こんな死に方・・・うわあああああーーー!!
そして熊が勢いよく牙を振り下ろしたその瞬間、僕の視界は一面鮮やかな深紅に染まっていた。

「うわあぁっ!」
見てはいけないものを見てしまったという焦燥とともに、僕は正に"夢の中の僕"が上げたであろう断末魔の叫び声を上げながら飛び起きていた。
「はぁ、はぁ、はぁ、はぁ・・・」
この上もなく鮮明に脳裏に焼き付いた、自分自身の死の瞬間。
どうして・・・どうして僕が森に・・・?
これまで森に入ったことなど1度も無いというのに、どうして僕が森で命を落とすというのだろうか。
だが夢として見てしまった以上、きっとこの結末から逃れる術は皆無なのに違いない。
一見すると森に近寄らなければいいだけのような気もするのだが、そんな簡単なことで死が避けられるのならこれまで僕が死を警告した人達の中に多少は生き残っている人がいてもおかしくないはずなのだ。

「そ、そんな・・・僕・・・もうすぐ死ぬの・・・?」
大きな熊に無残に引き裂かれる瞬間に夢が途絶えたのは、きっと苦しむ間もなく即死したからだろう。
だがそんなものなど、何の気休めにもなりはしない。
やがて荒くなった息をようよく落ち着けてまだ夜明け前の薄暗い外の景色へと目を向けてみると、昨夜あれだけ激しく降っていたはずの雨がまるで嘘のように晴れ上がっていた。
「雨が上がってる・・・じゃあやっぱり・・・」
今日の朝に大きな地震が起こる・・・
ドラゴンの夢の中にはそれが今日の出来事であるという根拠は何も見つけられなかったものの、僕には何だかそんな予感があった。
静かな藍色に染まる空の様子が、嵐の前の静けさの如く混沌とした喧噪を内に孕んでいる。

本当に・・・僕には死ぬ以外の道は残されていないのだろうか・・・?
もし運命というものが最初から決まっていてそれが避けられないものだとすれば、僕の予知夢なんかが一体何の役に立つというのだろう。
「いや・・・待てよ・・・」
その時、僕は不意に俯いていた顔を上げていた。
本当に夢で見た死が現実になるのだとしても、もしかしたら僕ならそれに干渉することができるのかもしれない。
どうせこのまま待っていてもいつかは森の中で熊に食い殺されるしかないというのなら、その前にどうしても試しておくべきことがある。
僕は静かにベッドから這い出して外出用の服に着替えると、まだパパとママが眠っていることを確認してそっと家を抜け出していた。

「はぁ・・・はぁ・・・」
目の前に広がる、どこまでも続いているかのような深い闇の帳。
家を出て十数分後、僕はじっと夜明けの時を待つ暗い森の前で荒い息をついていた。
もし夢で見たドラゴンの洞窟を見つけることができれば、あのドラゴンを死の運命から救うことが出来るかも知れない。
1度も入ったことが無い上にただでさえ広大な森の様子に僕は既に心が折れそうではあったものの、自分の命がかかっているのだと思うと不思議と幾許かの勇気が胸の内に湧いてくる。
そうして2度3度大きく深呼吸しながら何とか気持ちを落ち着けると、僕は意を決して薄明かりも届かぬ森の中へと入って行った。

ガサ・・・ガサガサガサ・・・
無造作に茂みを掻き分ける音が妙に耳障りに感じられること以外、不気味な森の中は生物の気配が全く感じられぬほどに静まり返っていた。
大丈夫・・・大丈夫だ・・・僕の見た夢は辺りの明るさからして昼過ぎの出来事に違いない。
それに冷静になって状況を思い出してみれば、僕が熊に組み敷かれた地面の土は若干湿ってはいたものの、今のように雨上がりのベチャベチャとした泥濘などはほとんどなかったはずだ。
だから僕はまだ・・・
「ピィーピリリリリリ・・・」
「あ・・・」
だがそこまで考えたその時、静かだった森の中に唐突に聞き覚えのある鳥の鳴き声が響き渡っていた。

朝の訪れを告げる声なのか、森の彼方から聞こえてくるその鳥の鳴き声がもうすぐ何が起こるかを知っている僕の胸を激しく掻き乱していく。
早く・・・早くドラゴンのいる洞窟を見つけないと・・・
「ピィーピリリリリリリ・・・」
まるで妖かしの歌うその美しい歌声に誘われるようにして、僕はフラフラと森の中を一心に歩き続けた。
やがて焦燥に焼かれる胸を押さえながら奥へと進んでいく内に、東の空から朝日の欠片がゆっくりと顔を出す。
夜明けの輝きが静かに森全体を覆っていくにつれ、僕ははっきりと聞こえてくるようになった鳥の鳴き声に神経を研ぎ澄ましていた。

「もうすぐ・・・もうすぐだ・・・」
珍しい鳴き声を発する鳥だ。
これは僕の憶測でしかないが、きっと森の中のそこかしこで鳴いているような鳥ではないのだろう。
それを裏付けるように、先程から大分森の中を歩いているというのに他に似たような鳴き声は一切聞こえない。
そうして微かな希望を頼りに歩き続けること約10分・・・
僕はようやく問題の鳥が留まっているであろう1本の大木を見つけ出していた。
「ピィーピリリリリリリリリ・・・」
間近で聞く甲高い鳴き声が、まるで鐘楼の鐘の音のように森中に鳴り響いている。
この近くに、きっとあのドラゴンが棲んでいる洞窟があるに違いない。

僕は鳥の留まった大木から視線を外すと、周囲をグルリと見回していた。
そしてたわわに生い茂った枝葉と茂みで形造られた緑のカーテンの向こうに、小高い岩棚に掘られた洞窟がぽっかりと口を開けているのを見つけ出す。
「あそこだ!」
ようやく探していた目的地を見つけ出すと、僕は疲れた体に鞭打って再び歩き出していた。
もう夜は完全に明けている。
「ピィーピリリリリリ・・・」
夢の中でも聞いた覚えのある短く抑えた鳥の鳴き声に、僕はようやっと洞窟の入口に辿り着くと微塵の迷いもなくその闇の中へと飛び込んで行った。

タッタッタッ・・・
耳障りな鳥の鳴き声に心地よい眠りを邪魔されて辟易していた私の耳に、今度は誰かの足音のような規則的な物音が聞こえてきていた。
どうやら獣か何かが、私の洞窟の中へと入ってきてしまったらしい。
だがわざわざ相手をするのも面倒で無視を決め込んでいると、やがてその誰かが私の体を揺すり始めていた。
「お、起きて・・・ドラゴンさん・・・!ここにいたら死んじゃうよ!ねぇ、起きてってば!」
どうやら住み処へと入ってきたのは人間・・・それも、随分と幼い子供のようだった。
そんな小さな少年が、自分の何倍も大きな私の体を臆することもなく必死に叩いたり摩ったりして起こそうとしている。

「んん・・・何なの・・・あなた?」
「ドラゴンさん!事情は後でちゃんと説明するから・・・早くここから逃げて!」
私は余りにしつこい人間の様子に半ば不機嫌な表情を浮かべたまま顔を上げて少年を睨み付けたものの、彼の目は必死に何かを、何かしらの危機を私に訴えかけていた。
その真実を伴った澄んだ視線に毒気を抜かれ、自然と横たえていた体を起こしてしまう。
「早く逃げるんだよ!もうじき大きな地震が来て、この洞窟が崩れるんだ!」
一体、この少年は何を言っているのだろうか?
私は今一つ彼の言わんとしていることが理解できないでいたものの、じっと目の前で喚き立てる少年を観察する内に彼が時折洞窟の外へと注意を振り向けていることに気が付いた。
「ピィーピリリリリリリリリリリー・・・」
次の瞬間、これまでよりも一際甲高い鳥の鳴き声が周囲に響き渡る。

「ああ・・・もうだめだ・・・!」
その鳥の鳴き声を聞いた途端に顔を覆ってその場にへたり込んでしまった少年の様子に、私は取り敢えず彼の言葉を信じてみることにした。
シュルッ
「わっ!?」
そして眼前で悲嘆に暮れる少年の体に素早く尻尾を巻き付けると、まるで弓か何かに弾かれたかのように洞窟の外へと向かって走り出す。
やがて洞窟を飛び出して顔に浴びた明るい光に眼を細めたその刹那、耳を劈くような激しい轟音と震動が森全体へと突然に襲いかかっていた。

ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ・・・・・・
「きゃっ・・・」
まるで何処かの火山でも爆発したのではないかと思えるような凄まじい縦揺れに足を取られ、私はしっかりと少年を尻尾で掴まえたまま思わずその場に身を伏せていた。
半信半疑で聞いていた少年の地震が来るという言葉が、まさかという思いとともに急速な現実味を帯びていく。
そして恐る恐る背後の洞窟の様子を窺おうとしたその瞬間、ドオオンという音とともに朦々とした砂煙が洞窟の中から勢いよく外へと噴き出してきた。
今のは恐らく、激しい振動に耐え切れなくなった洞窟の天井が崩落した音に違いない。
もし私があのまま少年の警告を聞き入れていなかったとしたら、今頃は彼と共々あの落盤の下敷きになって命を落としていたことだろう。

やがてほんの1分程もすると地震の揺れは嘘のようにピタリと収まり、森に元の朝の静寂が戻ってきた。
ついさっきまでけたたましく鳴いていたあの鳥は地震に驚いて何処かへと飛んで行ってしまったのか、今はもう木の葉の擦れる優しげな音だけが私と少年の周りを包んでいる。
そうだ・・・あの少年は・・・?
突発的な天災の最中で自分の身を守ることに精一杯だった私は、ふと思考の端に過ぎった少年の安否が気になって尾に感じる少年の感触をそばへと引き寄せてみた。
「あ・・・ぅ・・・」
やがて目に飛び込んできたのは、真っ赤な短毛に覆われた私の尾の中で気絶した体をぐったりと弛緩させている少年の姿。
どうやら私が地震に怯えて身を伏せていた時、知らず知らずの内に尻尾で包んだ彼の体を力一杯締め上げてしまっていたらしい。
「ああ・・・!ごめんなさい!」
私は慌てて少年の体を湿った草の上へと降ろすと、苦しげに歪められていたその顔をペロペロと何度も舐め上げていた。

ペロ・・・ペロ・・・
「う・・・うぅん・・・」
暖かい湿り気を伴って顔を這い上がる何者かの舌の感触に、僕はしばしの間手放してしまっていた意識を取り戻した。
「ゲホ・・・・ゲホゲホッゲホ・・・」
そして息の詰まるような苦しさを吐き出すように、ゲホゲホと数回大きく咳き込む。
「大丈夫・・・?」
やがて遠慮がちにかけられたその言葉に半分涙目になっていた目を開けると、目の前にある大きな赤いドラゴンの顔が視界の大部分を埋め尽くしていた。
「わっ!」
明るい日差しの中で初めてドラゴンの顔を見たせいか、そのあまりの迫力に思わず大声を上げてしまう。
全身を覆う美しい赤色の短毛と、手足の先に生え揃った黒い艶のある鋭い爪。
その顔は大きく口を開けば僕の体くらいペロリと呑み込んでしまえそうな程に大きく、暗がりの中で必死だったとはいえ、今思えばこんな生物を叩き起こそうとしていたなんて自分でも信じられない。
だがやがてこのドラゴンが僕の死の予知を乗り越えたのだということを理解すると、僕は何よりも先にある種の歓喜が胸の内に湧いてくるのを感じていた。

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|