ヴァルバジア

    

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

NINTENDO64 「ゼルダの伝説 時のオカリナ」に登場するドラゴン。 主人公の少年、リンクがある日屋台で見つけたドラゴンのヒナ。
なけなしのお金で引き取ったはいいがぜんぜん懐かない。
しかしある日リンクがモンスターに襲われたのを助けたことで仲良しに。

そしてリンクは時を越えて青年となり、世界を荒廃させた魔王を封印する為の助けを求め火山へ向かうが、そこには魔王の力で変わり果てたかつての友竜が。
必死で友に呼びかけるリンク、答えず暴れ襲いかかるヴァルバジア。
リンクは悩んだ。友は魔王に操られているだけだ。だが止めなければ火山に住む多くの人々が死んでしまう…。
彼が悩んでいる間に、非情にもリンクにヴァルバジアが襲いかかってくる。
喰われる――その瞬間、リンクの弓矢がヴァルバジアの眼を射抜き、そしてリンクの剣が――
ヴァルバジアは崩れ落ちた。すると友の眼が昔の純粋だった頃の眼に戻る。悲しそうな表情と一筋の涙を流しながら「り…んく…」と残し、友は息絶えた。リンクはただただ涙を流しながら佇んでいた……

という姫川明版オリジナルストーリーとは全く関係なく、ゲーム中で火山に棲んでる長ーい灼熱穴居竜。
穴から飛び上がる寸前に頭をハンマーで叩き、地上に倒れて丸まってしぎゃーしぎゃー鳴いてるところをざくざく斬って倒す。
野蛮。
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|