【元ネタ】史実
【CLASS】セイヴァー
【マスター】トワイス・H・ピースマン
【真名】覚者
【性別】男性
【身長・体重】不明
【属性】秩序・中庸
【ステータス】筋力A 耐久A 敏捷C 魔力B 幸運B 宝具A++
【クラス別スキル】
カリスマ:A+
 軍団を指揮する天性の才能。カリスマは稀有な才能で、
 一国の王でさえBランクで十分と言われている。

対英雄:B
 英雄を相手にした際、そのパラメーターをダウンさせる。
 ランクBの場合、相手のパラメーターをすべて2ランク下のものに変換する。
 反英雄には効果が薄く、1ランクダウンとなる。

【保有スキル】
菩薩樹の悟り:EX
 世の理、人の解答に至ったものだけが纏う守り。
 対粛正防御と呼ばれる”世界を守る”証とも。
 無条件で物理攻撃、概念攻撃、次元間攻撃のダメージを自身のHP数値分、削減する。また、
 精神干渉ならば100%シャットアウトする。
 EXランクに至ったセイヴァーなら人の七欲さえ凪のように受け止めるだろう。

カラリパヤット:EX
 古代インド武術。力、才覚のみに頼らない、合理的な思想に基づく武術の始祖。
 攻撃より守りに特化している。

【宝具】
『一に還る転生(アミタ・アミターバ)』
ランク:EX 種別:対人宝具 レンジ:0 最大捕捉:1人
 究極の”対個人”宝具。
 人類創世の理に匹敵するエネルギーを人間ひとりに収束させ、その苦しみから開放するという最終解脱脱法。
 人類史が続けば続くほど、その版図が広がれば広がるほどダメージ数値は増していく。
 理論上、地球人類ではこの攻撃には耐えられない。
 反面、人でありながら人でないものには効果が薄く、
 その存在規模が人類の版図より上になってしまった個人も救いきれなくなるという。

【解説】