迷宮が崩れ去る。倒れ伏したバーサーカーはまだかろうじて息はあるが、それもあと数分のことだろう。
 夜明けが近い。満身創痍の身体に鞭を打って、私とセイバーはその場を立ち去った。

<怪物と太陽>
 暗い迷宮にタダヒトリ。ずっとずっと、タダヒトリ。
 辛かった。怖かった。寂しかった。
 生贄と呼ばれる子供たちを食うことで、何とか生き延びる自分に嫌気がさしていた。
 正直に言うならば、私は死にたかったのだ。
 暗い迷宮にタダヒトリ。生きていても、タダヒトリ。
 生贄と友達になろうかとも考えた。けれど、こちらがどれだけ友情を育もうとしても、相手は泣き叫んで逃げ惑うばかり。
 私は怪物なのだと再認識させられ、己の頭を石の壁に打ちつけた。
 暗い迷宮にタダヒトリ。未来永劫、タダヒトリ。
 やがて英雄がやってきて、ようやく、私を殺してくれた。
 自分自身ではふんぎりがつかなかったから、本当に、感謝している。
 ただ、一つだけ未練があったけれど。

 命尽きるバーサーカーの目に、わずかに理性の光が灯る。消滅の直前にして、狂化の呪縛から解き放たれたが故に。
 あまりに強力な呪縛だったため、完全に消滅する前に言語能力を取り戻すことはできないだろう。複雑な思考も、難しい。
 だが、それでも十分だった。
 目の前にあるものを理解するのに、そんなものは必要ない。
 生きている間も、死したあとも、怪物と蔑まれ、侮蔑され続けた彼の目から、悲しみでも恨みでもないものが流れ落ちた。
「あ、あ、あ、あ、あ」
 手を伸ばす。
 死してなお求め続けたものに。幼い頃に幾度となく見て、やがて奪われた、世界で最も美しいものに。
「あ、ああああああ」
 夜が明ける。
 死に逝く怪物は、しかし心の底から嬉しそうに、手を伸ばしながら灰となって消えていく。
 その場所を、柔らかな光が優しく包んむ。
 誰も知りえぬ、そのあまりに小さな、そして大きな願いは、成就した。