【元ネタ】ペルシア史、『旧約聖書』、『キュロスの教育』
【CLASS】セイバー
【マスター】
【真名】キュロス二世
【性別】男
【身長・体重】183cm・77kg
【属性】秩序・善
【ステータス】筋力A 耐久B 敏捷B 魔力C 幸運B 宝具C(A++)
【クラス別スキル】
対魔力:B
 魔術発動における詠唱が三節以下のものを無効化する。
 大魔術、儀礼呪法等を以ってしても、傷つけるのは難しい。

騎乗:B
 騎乗の才能。大抵の乗り物なら人並み以上に乗りこなせるが、
 魔獣・聖獣ランクの獣は乗りこなせない。


【固有スキル】
カリスマ:A
 大軍団を指揮する天性の才能。
 Aランクはおおよそ人間として獲得しうる最高峰の人望といえる。

軍略:B
 一対一の戦闘ではなく、多人数を動員した戦場における戦術的直感力。
 自らの対軍宝具の行使や、逆に相手の対軍宝具に対処する場合に有利な補正が与えられる。

解放者:A
 他者を救う戦闘の際、一時的に攻撃力を上昇させる。
 数多の人々を迫害から解放したセイバーには常に弾圧者への制裁が期待される。
 虐げられる者達の捧げる祈りが彼に無限の力を与えるのだ。

【宝具】
『万人庇いし護権の印章(アダマント・アタナトイ)』
ランク:C~A++ 種別:結界宝具 レンジ:1~99 防御対象:1000人
 他者を守る為の防護結界。セイバー以外を対象に含む攻撃に対してのみ発動可能。
 防御光壁を照射し、ダメージおよび追加効果をランク分だけ削減、魔力に変換して光壁に蓄積させる。
 この宝具のランク及び光壁の総量・レンジは、対象とした攻撃の捕捉人数に比例する。
 軍略スキルにより、単純な障壁のみならず、全方位防壁、物理的拘束、分割展開、
 結界宝具の圧縮封印など幅広い運用が可能だが、規模に応じた魔力を必要とする。

『万人願いし光剣の救世(サオシャント・シャムセール)』
ランク:C~A++ 種別:対軍宝具 レンジ:1~99 最大捕捉:1000人
 弾圧と迫害からの解放を願う人々の祈りの結晶。報復に特化したカウンター宝具。
 『万人庇いし護権の印章』の光壁を剣に収束させ、蓄積した魔力を熱量に変換。
 それを増幅させ、指向性を与え『万人庇いし護権の印章』のランクと等しい光の斬撃を放つ。
 防御光壁を収束させる必要上、発動の直前に光壁の護りを解除しなければならない。
 一部分を残しておくこともできるが、その分だけ威力は低下する。

【Weapon】
『無銘の剣』
キュロスの愛用した剣というだけで特別な力を宿してはいないが、
セイバーのクラスで現界した為に知名度相応に強度を向上させている。

『円筒印章』
キュロスの右腕に嵌められた装飾品。
防護光壁を照射する起点となる。

【解説】
 アケメネス朝ペルシアの初代国王。諸王の王。
 『キュロスの教育』によると、出生不明な幼少の頃から高い能力を示して周囲の人望を集め、
 小国アンシャンの王として即位してからは、後のペルシアやイランに繋がる大国家を築き上げた。
 諸国を制圧する一方で、諸民族や異教徒にも寛大な処置を取ることで有名であり、
 中でもユダヤ教徒はバビロン捕囚からの解放とエルサレム神殿の復興を切欠に、
 「この人の剣は彼らを塵のように/弓は彼らをわらのように散らす」とイザヤ書に記し、
 キュロス大王を救世主(メシア)と同一視して賞賛した。

 後世に理想的な帝王として名高く、アレキサンダー大王もまた彼を尊敬して止まなかった。
 「幸運に頼らぬ、自分自身の力量によって君主になった人間」とはマキャベリの考。
 トマス=ジェファーソンのアメリカ独立宣言の起草にも多大な影響を与える等、
 人権という概念を最初に成立させた名君として現代でも崇められている。


【出演SS】