【元ネタ】英国史、「鉄火娘(ザ・ロアリングガール)」
【CLASS】アーチャー
【マスター】
【真名】メアリー・フリス
【性別】 女性
【身長・体重】177cm・66kg
【属性】中立・善
【ステータス】筋力D 耐久E 敏捷B 魔力E 幸運A+ 宝具B
【クラススキル】
単独行動:A
 マスター不在でも行動できる。
 ただし宝具の使用などの膨大な魔力を必要とする場合は、
 マスターのバックアップが必要。

対魔力:E
 魔術に対する守り。
 無効化は出来ず、ダメージ数値を多少削減する。

【固有スキル】
気配遮断:A
 サーヴァントとしての気配を絶つ。
 完全に気配を絶てば、探知能力に優れたサーヴァントでも発見することは非常に難しい。
 ただし自らが攻撃態勢に移ると気配遮断のランクは大きく落ちる。

仕切り直し:B
 窮地から離脱する能力。 
 不利な状況から脱出する方法を瞬時に思い付くことができる。
 加えて逃走に専念する場合、相手の追跡判定にペナルティを与える。

地形適応:D
 特定の地形に対する適応力。
 都市・建築物内部での活動に適する。
 また暗所であっても通常通りに行動できる。

専科百般:C+
 人生で培われた多芸なる技術。
 騎乗、話術、歌唱、射撃、剣術、占術等をDランク相当で会得している。
 加えて盗賊の専業スキルに関しては、Bランク以上の習熟度を発揮する。

【宝具】
『巾着切りにご用心(モル・カットパース)』
ランク:B 種別:対人宝具 レンジ:1 最大捕捉:1人
 メアリーのスリとしての技量が神秘にまで昇華した宝具。
 対象に接触することで、相手の所有物を奪うことが出来る。
 例え宝具であろうとも盗むことが可能だが、
 盗品である事を隠匿するため自動的に能力が封印されるので、
 対外的には神秘の存在しない、ただの物品となってしまう。
 また物質化されていない所有物であっても問題にはならないが、
 使用中の物、メアリーが持ち運びできない物に関しては必ず失敗する。

『倫敦盗賊に鉄火娘あり(ザ・ロアリングガール)』
ランク:B 種別:対人宝具 レンジ:- 最大捕捉:-
 メアリーがロンドン盗賊ギルドの顔役だった事を示す宝具。
 他者から盗んだ物品を「売却」し、その金銭的神秘的価値に見合った金貨か魔力を入手する。
 「売却」された物品は、元の所有者が直接メアリーと交渉しない限り取り返すことはできず、
 返却時には「売却」で得たのと同等の「代金」を相手から徴収する契約が結ばれる。
 盗品の価格査定はメアリーの観察眼に依存するため、彼女が価値を認めないものは安価になる。

【Weapon】
『無銘・マスケット銃』
 中世から19世紀頃まで使用されていた先込め式の歩兵銃。
 革命軍総司令官フェアファックス将軍を襲撃し腕を撃ち、馬2頭を殺した。

『無銘・西洋剣』
 一般的な西洋の剣。
 元兵士のトラップドアを倒し子分にした時などに使われた。

【解説】
 通称「巾着切りのモル(モル・カットパース)」。
 17世紀初頭のロンドンで活躍した、稀代の女盗賊。
 羽飾りのついた山高帽を被り、男物の上着に外套、短いズボンに長い靴下、
 帯剣してパイプを吹かす、ショートヘアの美女という姿で知られている。
 貧乏な靴屋の娘として生まれ育ち、やがて男装して不良グループに入り浸っていたモルは、
 「自分には女として魅力がない。男のかっこうをして、男として尊敬されたかった」という理由から、
 性別の関係ない、実力だけがモノをいう犯罪社会へと身を投じるようになる。
 やがてスリとして頭角を表したモルは、ロンドンの盗賊ギルドにおける大幹部へとのし上がった。
 上流社会とも交流を持ち、スられた物品を頼まれれば(時には高値をつけて)返還してやったり、
 男性客には若い娼婦、女性客には美男子を斡旋するなど、暗黒街の顔役として気前よく振舞った。
 決して闇に潜むだけではなく、自ら劇場の舞台にあがって歌を披露するなど明るく陽気な性質で、
 幾度と無く囚われても颯爽と脱獄して街に現れ、多くのロンドン市民から喝采を浴びた。
 1659年、自宅で75年の破天荒な生涯を終える。
 彼女の言葉通り「結婚なんかせず、ベッドで大の字になって眠った」のである。