【元ネタ】イリアス
【CLASS】ランサー
【マスター】
【真名】ペンテシレイア
【性別】女性
【身長・体重】167cm・57kg
【属性】中立・善
【ステータス】筋力B 耐久C 敏捷A 魔力B 幸運D 宝具A
【クラス別スキル】
対魔力:B
 魔術発動における詠唱が三節以下のものを無効化する。
 大魔術、儀礼呪法等を以ってしても、傷つけるのは難しい。

【固有スキル】
神性:A
 神霊適性を持つかどうか。高いほどより物質的な神霊との混血とされる。
 軍神アレスとアマゾネスであり精霊であるともされるオートレラの娘である。

戦場の華:B
 美貌と勇猛さをもって戦場を駆ける華。
 ペンテシレイアの戦う姿は、敵味方を問わず意図せずして精神に影響を与える。
 味方は力強く後押しされ、敵は畏怖を覚え、死に様には誰もが涙に暮れる。
 精神防御で抵抗可能。

連携攻撃:A
 複数での攻撃に長けていることを示す能力。
 他者と連続、または同時に攻撃を行う際、判定に有利な修正を得る。

騎乗:A
 幻獣・神獣ランクを除く全ての獣、乗り物を自在に操れる。

【宝具】
『足並み狂わす不和の戦斧(エリス・ラブリュス)』
ランク:C 種別:対軍宝具 レンジ:1~50 最大補捉:100人
 不和を好む争いの女神エリスから与えられた戦斧。真名開放によって斧刃から発する
 不協和音がレンジ内に響き渡る。この不協和音はレンジ内の敵集団に相互不信を植え付け
 複数での意思統一、連係を阻害する効果を持ち、連係を補助するスキル効果も無効化する。
 この不協和音と相互不信は概念的なものであり、聴覚を持たないもの、
 心を持たないものにも有効である。

『十二の女傑(ドデカ・アマゾネス)』
ランク:A 種別:対人宝具 レンジ:1~30 最大捕捉:12人
 十二人の麗しい女戦士を率いてギリシア軍を破った逸話の具現。
 親衛隊の記憶を持った幻影を召喚し、忠実なる女戦士を降霊する。
 最大12体まで召喚可能で幻影は実体を持ち、ペンテシレイアの
 連携攻撃スキルに応じて統制の取れた戦闘を行うことができる。

【Weapon】
『無銘・装備一式』
 軍神アレスより与えられた兜、鎧、臑あて、剣、槍、短剣、弓、盾など。
 いずれも神々によって選ばれた一級品である。

『迅風駿騎(アネモイ)』
 北風神ボレアスの妻オーレイテュイアから与えられた、ハルピュイアを遙かに凌ぐ早足の駿馬。
 ペンテシレイアを乗せてギリシア軍の真っ只中を暗雲を貫く雷光のように走り抜けたという。 
 ただしランサーとして召喚された為、彼女は現在この馬を所持していない。

【解説】
トロイア戦争中、ヘクトル戦死後のトロイアに援軍として駆けつけたアマゾネスの女王。
軍神アレスとアマゾネスのオートレラの娘でメラニッペとは姉妹の関係に当たる。
昔狩りの最中に誤って妹を殺してしまったが、トロイア王プリアモスによって罪を許される。
その恩義に報いるべく神々から与えられた武具を装備し、十二の精鋭の女戦士を率いて、
オーレイテュイアから与えられた嵐のように速い馬に乗りトロイアに現れた。
トロイアの民は彼女の美しい容貌に感動して見とれ、それまでの苦悩を忘れて喜んだ。
ペンテシレイアの活躍は凄まじく、ギリシア軍の攻撃を七度撥ね返し多くの英雄の命を奪った。
しかしその快進撃もアキレスと大アイアスの、戦場への帰還によって終わりを迎える。
彼女は二人に戦いを挑むがアキレスの槍の一撃によって右胸を傷つけられる。
その衝撃で戦斧を取り落とすもすかさず剣を鞘から抜き放ったが、
反撃するか命乞いをしようか迷った一瞬の隙を突かれ、アキレスの二撃目により命を落とした。
アキレスは勝ち誇り、ペンテシレイアの無謀さを罵りながら彼女の兜を剥ぎ取る。
そこにあったのは息を飲むほどの、まるで女神のように美しい女性の死に顔だった。
アキレスは彼女を殺した事を心の底から後悔し、その亡骸を丁重に弔った。
ギリシア側もトロイア側も、敵味方の区別なく全将兵が彼女のために喪に服した。
娘の死を知った父アレスは激怒し、アキレスに一撃を加えようとしたがゼウスに阻止される。
死後ペンテシレイアの墓にはいつしか一輪のノコギリソウが芽を出し墓全体を覆っていった。

【イメージイラスト】

【出演SS】