注)この作品は『ラーヴァナvsバートリー』の、自覚的な「悪役」として行動するラーヴァナ、という設定のパロディです。



ラ「フハハハハ! なんと素晴らしいことだ! 時空を超えて各地から現れる英雄たちと矛を交えられるとは! 
余を華々しく散らせてくれる機会もより取り見取りに違いないわ! どういう死に様がよいだろうか。やはり花形たるセイバーの剣で一刀両断にされるのが悪党の末路らしいかのぉ」 
神武天皇「すまん、今回のセイバーは朕だ。貴公も困るであろうが、正直朕も勝ち目がなくて困っている」

ラ「orz
……まあよい、まだ他のクラスが残っておる。バーサーカーが余の怪力を腕っぷしでねじ伏せる展開辺りも悪くない」
バトラズ 「■■■■■ーーー!」
ラ「帰れーーーーっ! 神性:A+などというやつの顔も見たくはないわあっ!」

ラ「うむ……、人型の英霊に期待したことが間違いじゃった。そもそも英雄とは神の子孫などという設定が付き物なのだからな。
だが、ここは聖杯戦争。何かの拍子で反英雄や獣の一人や二人くらいは来てもおかしくない。
不満がなくはないが、そのような者どもで我慢するとでも……」
悟空「ムヒー」
プテさん(牛化)「モー」
ラ「クソッ、畜生ごときが神になるとはなんて酷いご時世じゃ! 獣ならば獣らしくせんか!」
悟空「ムヒッ(いやいや、あんた生前に猿の神様と出会ってるじゃないか。つーか、あんたの故郷じゃ象頭の神様もいるって聞いてるけど)」

ラ「なんということだ……。余を殺せる者はおらんのか?! 
はっ、殺す? そうじゃ、神ともなれば暗殺などという卑劣な手段は取らんじゃろう。この際アサシンでも……」
セミラミス「……ご愁傷様。それと、暗殺なら北欧の最高神は平気でやるわよ」

ラ「戦争オワタ\(^o^)/
……そ、そうだ。まだアーチャーのクラスが残っておる。
こういう時こそ我が宿敵ラーマが来るはずだ。再び雌雄を決する、という燃えるシチュエーションをやつならば逃すはずはない。
そうだ、来てくれるに決まっている! だから余は泣くものか! 待っておるぞ、ラーマ。頼むから来てくれ。でなくば、余は、余は……」
クリシュナ「あ、どーも。前世でお会いしましたっけ? それとも来世でしたっけ? 
いやー、化身があまりにも多いもんでして記憶があいまいなんですよ」
ラ「おまえじゃねぇぇぇぇぇぇぇぇ! ラーマで来い、ラーマで!」

ラ「ま、まさかここまでどうしようもない面子だとは……。……いや、英雄に倒される、と思い込んでいた余が悪かったのだ。
今時のマスターはかのバビロニアの英雄王やアイルランドの光の御子、はては他者を石化させる怪物とさえも善戦できる剛の者が揃っておると聞く。
うむうむ、取るに足らんはずの人間にやられる余、という展開は実によい。これならば満足できるぞ!」
龍之介「ちっす、クールなタトゥーが浮かび上がった殺人鬼っす」
イリヤ「やっちゃえバーサーカー!」
みこと「勝たなきゃ、他の人たちを犠牲にしてでも、私が勝たなきゃ……」
夏海「……望みなんてない死者と契約しちゃっただなんて、早まったかなぁ」
ファナ「えぐえぐえぐ……、なんでルイスさんがいない時に私がマスターになるんですか……」
慎二 プスプス・・・・・・ ←プテサンに手を出して雷を落とされたアホ
ラ「はぁぁぁぁ??! まさかの戦闘力皆無なマスターぞろいだと?!」

ラ「ひ、ひどい、ひどすぎる……。攫ったシーターに拒まれた時でもここまでの屈辱は感じなかったというに!
もはやこんな聖杯戦争やってられん! おい、余のマスター! とっとと令呪で余を自害させよ、でなくば……」
崇徳上皇「まあ、その、なんだ……。すまん、儂が手駒として呼んでしまったんだが。
ちなみに、儂を喚んだどこぞのトマスタァはとうの昔に廃人にしてしもうたわ」
ラ「………………ぐすん」
崇徳院「ああもう、泣くでない! 
いい年こいたバケモンが涙目になってどうする、怪物萌えなんてないのだぞ! 萌えキャラ化と縁のない儂が言ってるのだから真面目に聞け!
わかった! 限界まで話が盛り下がったら『血書大乗経』使ってみんなの神性反転させてやるから泣くのやめんかこのバカ!」
(『血書大乗経』:対象の持つ地位・血統に由来する全ての加護・能力を反転させる。神性は地位・血統に由来するものが多い)
ラ「……マジで?」
崇徳院「マジで」
ラ「マスター、感謝するぞ! あなたが余を倒してくれる英雄だったのだな!」
崇徳院「とんでもねぇ、わたしゃあ神様だよ」←神性:C

おしまい