2.


「問おう。そなたがわらわのマスターか?」

 ――その一言が、高波夏海を神秘の世界へと導く運命の音だった。

 偶然巻き込まれ、ただ捕食される哀れな被害者ではなく。
 同様の手段を持って身を守る、その世界の住人として。

 自覚は無くともこの瞬間――夏海は聖杯戦争へと引きずりこまれたのだ。

「ます……たぁ……?」

 怪物に追われる恐怖。激痛。必死の状況からの救済。
 あまりの状況の変化に、思考が追いついていなかった。
 ぼんやりとした様子で見上げる夏海の仕草に、女性は優しく微笑みかける。

「大丈夫ですよ。心配することはありんせん」
「あなた、は………」
「わらわの事は、アサシンと」
「あ、アサシン?」
「一先ずはここまで。お殿様がお待ちですもの」

 細い指先が、夏海の唇を抑える。
 そうだ。まだ窮地から逃れたわけではない。

「馬鹿めッ! 空中では身動きが取れまい。
 着地点さえわかれば、仕留めるのも容易い事よ!」

 地上に座す暴君が、上空の二人に向けて咆哮を挙げる。
 そして驚愕すべき事に――次の瞬間、何も無かった大地に槍衾が生え揃う。
 否、槍ではない。杭だ。
 男の言葉通り、空中で身動きが取れないとなれば回避は不可能。
 まさしく必死の状況である。
 だが、不思議と夏海の心に不安は無かった。
 夏海を抱きかかえている女性――アサシンを名乗った彼女は、このような状況でも微笑んでいる。
 飄々とした微笑。自然、強張っていた身体が楽になる。
 果たして、アサシンは夏海の信頼に応えてくれた。
 地面へと迫り、杭に刺さるは決定事項と云わんばかりの状況において―――

 ――――とん、と杭の上にアサシンは降り立った。

 さも当然といった表情のまま、彼女はひらりと地面に立ち、夏海をそっと降ろしてくれた。
 対する男の顔は、先にもまして狂気の色が濃い。肌が泡立つほどの敵意。
 アサシンが離れたこともあり、自然と夏海は自分の肩を抱きしめる。

「あらあら、せっかちな御人だこと。
 殿方を焦らせるのも女性の嗜みとはいえ、
 わらわを貫きたいのであれば、睦言の一つや二つは囁いていただかないと。
 そのような様では、女人に嫌われてしまいますよ、お殿様?」
「この毒婦めが……。
 その様相からして真っ当な者ではあるまい。
 或いは――魔女の類か」
「姿形で見抜かれるほど、わらわは底の浅い女じゃありんせん。
 お試しになっては如何かしら、殿様?
 最も、そなたはランサーでしょうね。とても逞しい物をお持ちですもの」
「抜かせッ!」


 ぱッと弾けるようにして二人の姿が激突した。
 いつの間に取り出したのか、アサシンの手には短刀が閃き――
 ――次の瞬間にはその刀身が伸び、長刀へと姿を変える。
 そして繰り出されるのは、柳の枝のようにしなやかに曲がる変幻自在の剣技。
 まさしくそれは芸術の域に達した武術である。
 舞踏のように優雅な動きと共に、素早く刀が閃いて、刃が振るわれる。
 上下左右から迫り来るそれを迎え撃つのは、ランサーと呼ばれた男の剣だ。
 装飾皆無の甲冑と同様、無骨な刃と剣技は、確かに見栄えこそアサシンのそれに劣る。
 だが、それは転じて男の恐ろしいまでに積み重ねた、実戦経験の証左でもあった。
 剣を振るう度、轟と戦場に吹き荒れる激しい突風。
 それはアサシンの刀をも巻き込み、次々にその切っ先を叩き落す。
 否、そればかりに留まらない。
 最初こそアサシンが攻勢に出ていたが、次第にランサーからの反撃が混じり出し、
 ランサーの刃をアサシンが受ける数が上回り――――ついには戦局が逆転する。

「他愛も無い! そも、余と武で競う事が愚かなのだ!」
「殿方を退屈させては無粋の極み。ではこのような趣向は如何かしら?」

 次の瞬間、くるりとアサシンが蜻蛉を切ると、その姿が光へと変化した。
 字義通りの光速で迫り来る、その光の矢に貫けぬ物は無い。
 それが道理だ。
 しかしランサーもまた、常識を超越した存在。
 そのような物を前に道理が通じる筈も無し!

「小癪也!」

 呵呵と笑った暴君の姿が、光の矢に貫かれ、崩れるように夜闇に消えた。
 ――否、そうではない。
 周囲に響き渡る無数の羽音。きぃきぃと甲高い鳴き声。赤い瞳。
 蝙蝠だ。
 無数の蝙蝠の群れへと転じて、矢を擦り抜けたのだ。
 光矢が地面に刺さり、元の娘の姿――アサシンへと戻る。
 次の瞬間、機を逸さずにアサシンへと襲い掛かるランサー。
 だがしかし、その姿は蝙蝠ではなかった。
 瞬きほどの間に蝙蝠は集合し、狼の姿へと変えていたのだ。
 牙を剥いて迫り来る巨大な狼。その姿は世に知られるどんな猛獣よりも獰猛である。
 逃れる術などありはしない。
 だが、その予想をも覆す事ができるのが――彼女だ。


「まったく――少々がっつき過ぎではないかしら」

 次の瞬間、とんと地を蹴った女の身体が宙を舞った。
 何ら予備動作を伴わない大跳躍。
 先ほど夏海を救ったのと同様の驚異的な身体能力の発露である。
 くるりと宙を返り、アサシンが夏海の傍らへと降り立つ。

 ――――尋常ならざる戦い。
 とても夏海の理解できるようなものではなかった。
 思考が追いつかない。
 何が何だかわからない。
 自分が何に巻き込まれたのかもわからない。
 呆然としたまま様子を見守っていた彼女が我に返ったのは、
 不意に空を見上げたランサーが、地を蹴って竹林の中に消えたからだった。

「――――へ?」
「マスターに呼ばれたのでしょうね。あの様子では、相当餓えてらしたようですし。
 お怪我はありませんか、マスター?」

 あまりにも拍子抜けする戦闘の幕切れ。
 呆然としている内に、ぺろりと彼女が夏海のシャツをまくりあげる。
 慌てて押さえ込もうと手を伸ばすが、あっさりお腹から胸までを曝け出され、
 先ほど蹴られた時にできたのだろう痣が露になった。
 我が事ながら痛々しいと夏海は顔をしかめる。

「まったく、あのお殿様ときたら……女人の肌に疵でも残ったらどうするつもりなのやら。
 でもこれなら、まあ、肌にも命にも別状はありんせん。わらわが治して進ぜましょう」
「え、あ、ちょ……ちょっと、待って。ごめん。あ、あたし何が何だか……。
 その前に、何なの、えっと、アサシンだっけ? 説明してくれないかな?」
「それは良いのですけど――あのお殿様が引き下がった理由が、問題ですわ。
 向こうの方から、大きな魔力を持つ者が来られるようで。お迎えします?」
「勘弁してよぉ……もうやだ、うちに帰りたいよぉ……」

 泣いたって何にもならないけれど、もうどうしようもなかった。
 へたりこんだまま、ぽろぽろと涙が零れ落ちる。
 そりゃ、小さい頃に苛められたことくらいはあった。
 溺れて死にそうになったこともあった。
 お婆ちゃんに怒られるのも怖かった。
 でも、こんなにも間近で死の恐怖を感じたのは初めてだった。
 我慢の限界だ。もう嫌だ。もう怖いのは嫌だ。

「……でしたら、わらわがお送りしましょう。どちらですの?」

 真上から聞えた優しい声。
 目尻に浮かんだ涙を、ごしごしと擦る。
 ――うち。
 そういえば随分と前にも、そんな事を言われた気がする。
 あの時は――あの時は、誰が言ってくれたんだっけ?

「…………兄さん」

 ぽつりと呟いた。
 この時間だ。父さんや母さんはまだ帰ってないだろう。
 お婆ちゃんは自分の様を見れば凄く心配する筈だ。
 でも、兄さんなら。
 ――兄さんに逢いたかった。
 ゆっくりと腕を伸ばして、周囲に散らばったままの本や巻物を鞄に仕舞いこむ。 


「……兄さんのお店に、つれてって」