~~イリヤの部屋


ライダー「アーチャー頼みがあるわ」

前アーチャー「なんじゃらほーい? イリヤの居ないうちに、歴史の教科書に落書きするんで、俺は忙しい」

ライダー「アーチャー頼みがあるわ」(ジャキッ)

前アーチャー「ライダーの頼みなら、僕に任せてよ。だから、マテバを仕舞ってくれないか」

ライダー「たまには、イリヤから私を誘って欲しいの」

前アーチャー「何処にだ? デートか?」

ライダー「違うわ。イリヤから、エッチなことを誘って欲しい」(ポッ)

前アーチャー「ふーん、そうかいそうかい」(ホジホジ)

ライダー「………」(ガチャッ)

前アーチャー「わかったわかった、だからマテバを引っ込めろ。ほら、鯨も一滴で死ぬまでエッチしたくなる媚薬渡してやるから」



ライダー「違うわ」

前アーチャー「何だ?」

ライダー「薬物とかに頼らず、ちょっと恥ずかしがりながらも、私を欲しがるイリヤが見たい」

前アーチャー「ライダー……幾ら頑張っても、星には手は届かないんだ」

ライダー「………」

前アーチャー「銃器で脅しても無駄だ! 出来ねえもんは出来ねえっつってんだろう!」

ライダー「何で? 私たちは相思相愛なのに」

前アーチャー「まあ、ある意味確かに相思相愛だが……毎日たらふく飯を無理やり詰め込まれてる人間に、
         もっと料理が食べたいって言わせるようなもんだぞ」



~~しばらく後

前アーチャー「やあ、イリヤ。僕から君に頼みがあるんだ!」

イリヤ「アーチャーが僕って言うと、不吉な予感がするんだけど……」

前アーチャー「そう警戒するなよ。俺様とおまえのステディな仲じゃねーか」

イリヤ「う、うん……」(汗)

前アーチャー「実はライダーにエッチなことして欲しいって、イリヤにおねだりして欲しいんだよ」

イリヤ「え、えー!?」

前アーチャー「頼むよ、一言で済むじゃねーか。魔法少女の義務と思ってよー」

イリヤ「それはちょっと……ライダーさんをそんなふうに誘ったら、十時間は離してくれないだろうし」

前アーチャー「そこを何とかしてくれ。ちょっとイリヤの足腰がガクガクになって、睡眠不足と疲労でフラフラするだけだろう」

イリヤ「うぅ、嫌だよー」



前アーチャー「何だ、嫌なのかよ。一言で済むんだから、言えよー。
          それとも、俺の言うことが聞けないっていうのか、こらああああぁ!」

イリヤ「そ、そんなこと言われても……」

前アーチャー「おら、顔をベロベロしちまうぞ! うっへっへっへ……」(ベロベロ)

イリヤ「ううぅ、やだよー!」

ライダー「………」

前アーチャー「ベロベロベ……」

ライダー「………」

前アーチャー「や、やあ、ライダー。ちょっとイリヤとスキンシップを……」

ライダー「……最後の言葉は?」

前アーチャー「ま、待て。話し合えばわか……うぎゃああああ!」




~~五分後

前アーチャー「くそー、邪魔しやがって。もう少しでイリヤは、うんって言うところだったんだぞ」

ライダー「………」

前アーチャー「わかったわかった。だから鉈をしまってくれ。俺が悪かった」

ライダー「どうする気?」

前アーチャー「契約したからには、履行するに決まってるだろう。
         魔法少女の願いを叶えるのが、この俺の性なるミッションだからな」



~~数分後

前アーチャー「おーい、イリヤ。スイーツを食べないかい」

イリヤ「わあ、美味しそうなケーキ。食べていいの?」

前アーチャー「ふふふ、アヴェンジャーに教えて貰った店で買ってきた。好きなのを食うがいい」

イリヤ「いただきまーす。……アーチャー、美味しいよー♪」

前アーチャー「くっくっくっ、そうかいそうかい。ところでイリヤ、さっきの話なんだが」

イリヤ「さっきの話?」

前アーチャー「ライダーを誘うって話だよ。悪いけど、もういっぺん考えてくれよ?」

イリヤ「ええっ!? それはちょっと……」



前アーチャー「ほう? 俺が用意したケーキ、食っちまったよな、イリヤよぉ」

イリヤ「う、うん……」

前アーチャー「ケーキは食べるが、頼まれたことをやるのは嫌だっていうのか?」

イリヤ「で、でも……」

前アーチャー「食っちまったよな、食っちまったよな! あぁん、どうすんだよ!?」

ライダー「………」




~~六分後

ライダー「イリヤを脅すっていうのは、どういうことかしら?」

前アーチャー「まことに申し訳ごじゃいません」(ボロボロ)

ライダー「懲りないようね」

前アーチャー「おまえは契約とイリヤとどっちが大事なんだよ!」

ライダー「イリヤは何があっても守るわ。だけど契約も行ってもらう」

前アーチャー「な、何と言う我侭、自己中心的考え……普通、そういう場合には撤回するだろうが!」

ライダー「………」(ギロリ)

前アーチャー「く、くそぉ。米軍特殊部隊みたいな、何があっても任務を達成するみたいな目をしやがって
         ……わかったよ、何とかするよ」




~~しばらく後

前アーチャー「イリヤぁ、これを見てくれ」

イリヤ「うん、いいよ。……ええっ、何これ!?」

前アーチャー「ふっ、見ればわかるだろう。おまえの着替えや入浴中の盗撮写真だよ」

イリヤ「こ、これどうしたの!?」

前アーチャー「くっくっくっ、入手先は言えねーな。これをバラまかれたくなかったら、ライダーを誘……」

ライダー「………」




~~四分後

前アーチャー「僕ちゃん、心より、謝罪させて頂きます……」(ボロボロ)

ライダー「人のコレクションを勝手に使わないで」

前アーチャー「くそー、イリヤをストーカーが裸足で逃げ出すくらい盗撮しまくってるくせに、
         自分は美味しいポジションに収まりやがって。
         今に見てろよ、このアーチャー様がひいひい言わせてやる」

ライダー「まだ説得が足りなかったようね」

前アーチャー「ひいいいいい、関節技はやめてえええ! わかった、何とかします」




~~更にしばらく後

前アーチャー「なあ、イリヤ……実はライダーはもう長くないんだ」

イリヤ「ふーん、そうなんだ。あ、この服可愛いな」

前アーチャー「人が生死の話をしてるのに、雑誌を読んでるんじゃねー!」

イリヤ「だって、ライダーさん、今日もアーチャーをいっぱいやっつけたりする大活躍だったよ」

前アーチャー「む、むう……それはロウソクが燃える一瞬前はまばゆく輝くのであって……」

イリヤ「病院とか通ってる様子も無いし」

前アーチャー「そりゃ、手遅れだから、もう通う意味が無いというか……」

イリヤ「それに毎日お外に出かけて、凄く元気だよね」

前アーチャー「あの……その……えーと……」




イリヤ「前もそれ聞いたけど、本当に病気なの?」

前アーチャー「酷いよ、イリヤ。僕ちゃんが嘘をつくように見えるかい?」

イリヤ「じゃあ、仮に嘘じゃないとして、どうして欲しいの?」

前アーチャー「ライダーと最後にエッチしようって、優しくおねだりしてくれ」

イリヤ「ライダーさんの体に悪いから、止めておく」

前アーチャー「いいから、言うことを聞け、このカマトトホワイトがー!」

イリヤ「わっ、アーチャー、暴れないで!」

前アーチャー「おまえは俺様の言うことを聞いてればい……」

ライダー「………」



~~二分後

前アーチャー「調子にのりました……」(ボロボロ)

ライダー「次やったら、切腹して貰うわ」

前アーチャー「痛いのは嫌だー! 勘弁してー!」

ライダー「なら、イリヤをちゃんと説得しなさい」



~~しばらく後

前アーチャー「イリヤ、実はさよならを言わなくちゃいけねーんだ」

イリヤ「カレンさんの家に帰るの? それともアヴェンジャーちゃん?」

前アーチャー「ちげーよ! 俺は急に妖精の国に帰らなくちゃいけねーんだ」

イリヤ「アーチャーが妖精の国から来たって前にも聞いたけど……」

前アーチャー「今まで黙ってたんだが、妖精の国から帰還命令が来ていたんだ、俺は」

イリヤ「……本当? そこってどんな場所だっけ?」

前アーチャー「おうよ、そこは女の子が透明な服を着ていてな、エロ本のモザイクも無くて、
         テレビをつけると全部AVという桃源郷なんだ」

イリヤ「………」

前アーチャー「一度帰れば、ここに帰って来れないかもしれない……」

イリヤ「ふーん、そうなんだ。帰ったら、はがきを送ってね」




前アーチャー「ちょっと待てぇ。やけに冷たいじゃねーか!」

イリヤ「だって、信じにくいっていうか……」

前アーチャー「騙されたと思って、信じろ! まあ、そういうわけで、帰る前にお願いがあるわけなんだが……」

イリヤ「ライダーさんを誘うこと以外なら、聞いてもいいけど」

前アーチャー「………」

イリヤ「………」

前アーチャー「イリヤ、人の願いを踏みにじりやがってー! ほっぺた引っ張りの刑にしてやる!」

イリヤ「い、いひゃいよ、アーチャー……」

ライダー「………」



~~一分後

前アーチャー「ゆ、許して……さっきから物が二重に見えるぅ……」(ボロボロ)

ライダー「短刀と白装束は用意しておいたわ」

前アーチャー「ま、待て、もしかして……」

ライダー「介錯は任せて頂戴」

前アーチャー「切腹は許してくれー! 俺とお前の仲じゃねえか」

ライダー「最後にもう一度だけチャンスをあげるわ」




~~しばらく後

前アーチャー「イリヤ、ちょっといいか?」

イリヤ「なに、アーチャー?」

前アーチャー「これを見てくれ」

イリヤ「ビデオ? これって私の部屋とライダーさん?」

ライダー『イリヤ……』

イリヤ「ライダーさん、私のベッドに入って何やってるの?」

ライダー『イリヤ……イリヤァ……」

イリヤ「わわっ、もしかして……」

前アーチャー「そのもしかしてだな。ライダーはイリヤの残り香を嗅ぎながら、枕を濡らしているわけだ」




ライダー『うう……イリヤ……』 シクシク

イリヤ「ライダーさん、凄く切なそう……」

前アーチャー「イリヤが好きで好きでたまらないのさ。だからかまってもらえないと、こうやって一人で泣いているわけだ」

イリヤ「でも、毎日のように遊んでるのに……」

前アーチャー「イリヤの心まで手に入れているのか、不安なのさ」

イリヤ「悲しそうだよ……何かしてあげられるかな?」

前アーチャー「イリヤ、おまえの誠意を見せてやれ。大切な人を落ち着かせるのは、それが一番だ」




~~数日後、イリヤの部屋

イリヤ「ライダーさん、お帰りなさい」

ライダー「イリヤ、どうしたの電気もつけないで……えっ!?」

イリヤ「少し奮発しておめかしとかしてみたけど、どうかな?」

ライダー「ど、ど、ど、どうしたの、イリヤ!?」

イリヤ「えへへ、驚いたかな。ちょっと背伸びしてみたんだけど」

ライダー「イ、イリヤ……」

イリヤ「ライダーさん、今日はたくさん遊びましよう……これからも仲良くしてね」

ライダー「わ、わ、わ、わかったわ」




~~翌朝

前アーチャー「上手くいったようだな」

ライダー「そのようね」(つやつや)

前アーチャー「まあ、このエロス仙人にかかれば、イリヤを騙すなどは容易いことよ」

ライダー「人聞きが悪いわ」

前アーチャー「だいたい恋人の寝床をくんかくんかするのは、ありだけどよ。
         おまえはそれ以外にも、いっぱいやってるじゃねーか!」

ライダー「何の話かしら?」

前アーチャー「イリヤの下着や服を嗅いだりするのはいいけどよ、
         履いたりかぶったり汚したりするのは、幾らなんでもあれだと思うぞ!」

ライダー「恋人の特権よ」

前アーチャー「ほほう、じゃあ早速その映像をイリヤに見せてやろうっと」

ライダー「………」

前アーチャー「じょ、冗談です。ですので、そのショットガンを仕舞って貰っていいかな?」

ライダー「まあ、いいわ。今回は上手くやってもらったし」

前アーチャー「ところでライダーよ、イリヤがピクリともしないんだが……
         さすがに小学生を18時間も連れまわすのは、ハッスルしすぎなんじゃ……」

ライダー「………」