【元ネタ】史実
【CLASS】バーサーカー
【マスター】
【真名】スパルタクス
【性別】男性
【身長・体重】220cm台後半・160kg台
【属性】中立・中庸
【ステータス】筋力A 耐久EX 敏捷D 魔力E 幸運D 宝具C
【クラス別スキル】
狂化:EX
 パラメーターをランクアップさせるが、理性の大半を奪われる。
 狂化を受けてもスパルタクスは「縛られた者こそが強い。いつか解き放たれる時まで、怒りと悲しみを蓄えておけるからね」などと普通に喋る。
 ただし彼は"常に最も困難な選択をする"という思考で固定されており、誰の言うことも聞き入れない。
 実質的に彼との意思の疎通は不可能なのだ。
 スパルタクスは、やはり制御不能なバーサーカーなのである。

【固有スキル】
被虐の誉れ
 サーヴァントとしてのスパルタクスの肉体を魔術的な手法で治療する場合、それに要する魔力の消費量は通常の1/4で済む。
 彼の闘志は痛めつけられるほどに燃え上がり、秘めた力のすべてを引き出すに至る。
 むしろ彼、は痛めつけられないと本気になれないのだ。
 "敵が与えうる苦痛のすべてを耐えて凌駕することで、その敵を完全に凌駕し勝利する"というのが、スパルタクスの必勝の戦術である。

【宝具】
『疵獣の咆吼(クライング・ウォーモンガー)』
 常時発動型の宝具。
 敵から負わされたダメージの一部を魔力に変換し、体内に蓄積できる。
 この魔力への変換効率は、スパルタクスの体力が減少するほどに上昇する。
 こうして体内に貯められた魔力は、スパルタクスの能力をブーストするために使用可能である。
 もし瀕死まで傷めつけられていれば、スパルタクスは眼前のすべてを破壊して余りあるほどに膨大な魔力を溜め込んでいることだろう。
 彼は寄せ集まったに過ぎない反乱軍をよくまとめ、強力なローマ軍に連戦連勝したことから、
 その人望や戦争指揮能力は卓越したものであったと考えられる。
 だがそれ以上に彼が人望を集めた要因は、この宝具に象徴される"必ず逆転に寄って勝利する"英雄だったことだ。
 反乱軍の兵士にとって戦況が絶望的であればあるほど、その先にある勝利は確かなものだったのである。
 この逆転戦法は、彼自身は意識していないがショーマンシップに則ったものであり、剣闘士としての人気も非常に高いものだった。
 彼に聖杯を求める確かな動機はなく、ただ戦いの場に赴くことだけを悲願する。
 被虐者を救済し、加虐者に反逆することだけを志すスパルタクスにとって、戦場こそ弱き者と強き者しかいない場所であり、
 彼が求めてやまない苦痛と試練に満ちあふれた場所だからだ。

【解説】





【CLASS】バーサーカー
【マスター】-
【真名】スパルタクス
【性別】男性
【身長・体重】221cm・165kg
【属性】中立・中庸
【ステータス】筋力A 耐久EX 敏捷D 魔力E 幸運D 宝具C
【クラス別スキル】
狂化:EX
 パラメーターをランクアップさせるが、理性の大半を奪われる。
 狂化を受けてもスパルタクスは会話を行うことができるが、
 彼は“常に最も困難な選択をする”という思考で固定されており、
 実質的に彼との意思の疎通は不可能である。

【固有スキル】
被虐の誉れ:B
 サーヴァントとしてのスパルタクスの肉体を魔術的な手法で治療する場合、
 それに要する魔力の消費量は通常の1/4で済む。
 また、魔術の行使がなくとも一定時間経過するごとに傷は自動的に治癒されていく。

【宝具】
『疵獣の咆吼(クライング・ウォーモンガー)』
 ランク:A 種別:対人(自身)宝具 レンジ:0 最大捕捉:1人
 常時発動型の宝具。
 敵から負わされたダメージの一部を魔力に変換し、体内に蓄積できる。
 体内に貯められた魔力は、スパルタクスの能力をブーストするために使用可能である。
 強力なサーヴァントなどと相対すれば、肉体そのものに至るまで変貌していくだろう。