【元ネタ】黄金伝説抄、キリスト教圏の七勇士、聖ゲオルギウス伝説
【CLASS】ライダー
【マスター】
【真名】ゲオルギウス
【性別】男性
【身長・体重】180cm・95kg
【属性】秩序・善
【ステータス】筋力D 耐久A+ 敏捷C++ 魔力D 幸運A+ 宝具C
【クラス別スキル】
対魔力:A
 今よりも遥かに強力な魔術が使用されていた時代に、魔術師の呪文や儀式によって散々攻撃されたが、
 まったく傷つくことがなかった。
 その能力は"魔術師殺し"と呼んで過言ではない。

騎乗:B
 ライダーにしては騎乗能力が高くはなく、伝説では竜との戦いでも馬から降りて戦っている。
 ライダーのクラスの恩恵でこのランクになっているが、実状は彼ではなく愛馬・ベイヤードが優秀だと言える。

【固有スキル】
戦闘続行:A
 致命傷を受けない限り生き延びる大地の加護。
 豊穣神をルーツとする、とてつもない生命力。
 その力は同時に人々からの「戦い続けてほしい」という聖人に対する"期待"の象徴になっている。

直感:C
 戦闘時、常に自身に最適な展開を感じ取る能力。
 ただし、防御のためにしか働かない。
 ゲオルギウスはこの能力を"相手が戦うべき敵か否か"を即座に判断するために使用する。

守護騎士:A+
 他者を守る時、一時的に防御力を上昇させる。
 数多くの国や地域の守護者であるゲオルギウスは常に「守ってくれること」を期待される。
 そしてその期待が、彼に無限の守護の力を与えるのだ。

殉教者の魂:B+
 精神面への干渉を無効化する精神防御。
 ゲオルギウスは幾度となく棄教を迫られ、数え切れないほどの拷問を受けながら、
 一度としてその責めに屈しなかった強靭なる信仰の持ち主である。

神性:C
 聖人として世界中で崇敬されており、神性は小宗教や古代の神を凌駕する。
 "ゲオルギウス"とは大地を耕すという意味の言葉で、その起源は中東の豊穣神・バールにまで遡る。

【宝具】
『力屠る祝福の剣(Ascalon アスカロン)』
 あらゆる害意と悪意から持ち主を遠ざける無敵の剣。
 敵を倒すという意味での無敵ではなく、いかなる敵からも守るという意味での無敵。
 守護の力を反転させることで、あらゆる鎧を貫き通す剣になる。

『汝は竜なり(Abyssus Draconis アヴィスス・ドラコーニス)』
 対象を一時的に竜種へと変える対軍宝具。
 見た目は赤い十字が描かれたサーコートだが、厳密にはゲオルギウスの堅固なる信仰
 そのものであり、サーコートは宝具を発動させるための焦点にすぎない。

『竜殺し(Interfectum Dracones インテルフェクトゥム・ドラーコーネース)』
 アスカロンの力と、ゲオルギウスの竜殺しの力を複合して発動させる対人宝具。
 竜種に対して大ダメージを与える。
 近距離では剣の姿で、遠距離では剣の弾いた光が投げ槍の姿を取って敵を討ち貫く。

『幻影戦馬(Bayard ベイヤード)』
 「キリスト教圏の七勇士」に登場する、ゲオルギウスを誘拐した魔女が彼に恋をして贈った魔法の白馬。
 跨った者を無敵にし、致命傷となる攻撃を受けても、一度だけ無効化する。

【解説】