バベル外伝? 3話


~~放課後

前アーチャー「キュートでプリティーな女子の皆さん。赤ちゃんが何処から来るのか、じっくり話そうぜ」

凛・綾子「しねーよ」

前アーチャー「ううう、俺様のガラスのようなマイハートはブロークンハート。都会の風はやけに目に染みるぜ」

凛「そういえば、アーチャーは最近どこで寝てるの? 近頃うちに来ないけど」

綾子「うちにも来ないな」

前アーチャー「ふっ、そりゃ、俺様を待ってる子猫ちゃんはおめー達だけじゃねーんだぜ。モテる男は辛いぜ」

イリヤ「アーチャーなら、最近はうちに泊まってるよ」

前アーチャー「イリヤー、それ俺の個人情報!」

綾子「よくまあ、こんなへんてこ生物が住むの許してるわね」

イリヤ「ライダーさんも最近はお泊まりしてるんだよ」

凛「何か変なことされてないわよね?」

イリヤ「変って?」

凛「アーチャーって、女の子に変な契約持ちかけてるみたいだから、あなたも気をつけてね」

イリヤ「契約?」



~~夕方

イリヤ「リンさん、サクラちゃん、アーチャーについて聞きたいんだけど」

凛「何?、藪から棒に」

桜「もしかして、契約のことですか?」

イリヤ「そうそう、それそれ」

凛「あいつ、実は無償でお願い事を聞くことがあるのよ」

桜「ただ変なお願いしか聞いてくれないんですけど……」

イリヤ「変なお願い?」

凛「基本はエロね、エロ。あいつ、エッチなお願いばっかりなのよ、聞くのは」

イリヤ「うわ、最低」

桜「私って友達が少ないので……、一度ペットが欲しいってお願いしたんだけど……」

イリヤ「うんうん」

桜「資本主義の豚っていう、裸のオジさんを連れてこられて困ったことが……」

凛「……あいつ、ペット欲しくない?って聞いてきたことあったけど、そういうことだったのか」

イリヤ「何の役にも立たないですね」

桜「あ、でも、胸は頼めば真言(マントラ)で大きくしてるから、そこらへんはいいかも」

イリヤ「うーん、それに関しては悩む」

凛「イリヤも巨乳になってみたいんじゃないの?」

イリヤ「い、いや、確かに魅力的な誘惑だけどー」ゴニョゴニョ


~~電柱の陰

ライダー(三人とも、何だかやけに仲がいいわね……)

~~


~~次の日の放課後

由紀香「あの、アーチャーさんがまた何か悪さしてるみたいなんですけど」

桜「本当ですか?」

凛「具体的に何かあったんですか?」

由紀香「今日の授業中、一成くんの鞄から大量のBL本が溢れ出てきて、大変だったんです……」

凛・桜「「Oh……」」

由紀香「泡吹いて倒れた一成くんを衛宮くんがライダー先生がいる保健室に運んだから助かったけど、
    結局放課後まで戻って来なかったし」

凛「そ、それは、狼の群れに子羊を投げ込むようなものじゃないかしら」(汗)

桜「ですけど、間違いなくアーチャーさんの仕業ですね、それは」

凛「ええ、これは問い詰める必要があるわね」



前アーチャー「イリヤ、今日もライダーがメイクラブしに家に泊まるぜ」

イリヤ「う、うん……ライダーさんがいいなら、それでいいけど」

ライダー「同棲生活……素敵ね」

前アーチャー「あはは……はぁ」(ため息)

ライダー「アーチャー、一応願い事のリストを作ったから渡しておくわ。順番に解決して頂戴」(こそこそ)

前アーチャー「おう、任せろ……って、A4の紙で100枚近くあるじゃねーか!」

ライダー「問題無いわ」

前アーチャー「そりゃ、おめーは願い事言うだけだから、いいに決まってるじゃねーか!」

ライダー「………」

前アーチャー「うおっ! そのセックスのためなら、殺人も辞さないって目、いいぜ。仕方ねーな、何とかしてやる」

ライダー「頼むわ」

前アーチャー「おめー、最初のページの三行目でもうイリヤを妊娠させるって書いてあるが、やばすぎるだろうが!」

ライダー「大丈夫、78ページ目に出産プレイの計画が書いてある」

前アーチャー「大体、女同士じゃ妊娠しねーよ! あ、俺の白いおたまじゃくしを使えってことだな、これは」

ライダー「私は愚か者には容赦しないわ」

前アーチャー「わ、わかったから、そのブローニングM2重機関銃を仕舞え。 
       あー……俺様に任せてよ、ライダー。女の子にフランクフルトをくっつけるのは俺様の得意技なんだ」

イリヤ「ライダーさんとアーチャー、仲いいよね」

ライダー「ち、違うわ、イリヤ。こいつはただの知り合いよ、何も無いわ」

前アーチャー「ライダー、照れ隠しに俺をゴルフクラブで殴打するのはやめてくれー!」


凛「そこまでよ、アーチャー!……って、どうしたの?」

前アーチャー「九番アイアンで百叩きに耐えた俺。不死身のセックスマシンと呼んでくれ」

凛「ボロボロじゃん……」

ライダー「……何か、アーチャーに用事?」

桜「えっと、えー……そうそう。アーチャーさん、また何か悪さしてるでしょう?」

前アーチャー「何のことだい、オナニスト(笑)ちゃん」

凛「その呼び名は新しいな」

オナニスト(笑)「ネタはあがってるんですよ!柳洞先輩の鞄にいかがわしい本を詰めたり
         猫ちゃんに変な眉毛描いたり、回収日に出されたゴミを出した人の家の前に戻したり、
         たくさんイタズラしまくってるでしょう!!」

ライダー「………」

イリヤ「ライダーさん、何で顔を背けてるの?」

前アーチャー「メガネの事はよくわからんが
       ちっ、ばれたとあっちゃ仕方ねーな。こんな小娘達に見破られるとは」

イリヤ「えーっ! アーチャー、酷いよ」

前アーチャー「だが見破ったところで、どうする? こんなプリチーな妖精を君たちは殴れまい」

凛「Leichter Schlag!!」(殴打)

前アーチャー「ぐあはっ! リン、正中線五段突きを中二病みたいな名前つけて使うのはやめろ!」


桜「もうイタズラはやめますか?」

前アーチャー「うるせー! こうなったら俺の部下どもから集めた変態エネルギーを使って、魔神を呼び出してやるぜ」

ライダー「な、何ですって!?」

前アーチャー「出でよ、俺のアルティメットバトルダークヒーロー、この世全ての悪(アンリマユ)!」(どがーん!)

凛「……なに、この貧弱そうな覆面刺青男」

この世全ての悪(アンリマユ)(仮)「呼びましたか、アシュヴァ……もとい、アーチャーさん」

前アーチャー「おうよ、この俺様を虐めたこの女共に地獄を見せてやれ! 手始めに、お尻ペンペンだ」

この世全ての悪(アンリマユ)(仮)「お尻ペンペン……素晴らしいですな。ふふふ、観念したまえー」

イリヤ「いやー!」

桜「………」

この世全ての悪(アンリマユ)(仮)「ちょっ、頭掴まないで。何で薄幸の美少女っぽいのに、
                  こんな力強いの……ひいいいぃ、自分の背中が見えるー、やめてー!」

前アーチャー「ば、ばかなー、俺のアルティメットバトルダークヒーローがー!」





こうして、アルティメットバトルダークヒーローは間桐桜の手によって撃退され、世界は前アーチャーの魔の手から救われた。
ありがとう間桐桜、ありがとう遠坂凛、そして二人の仲間達!




おまけ

~~その後

~~イリヤの部屋

イリヤ「あのさ、アーチャー……お願いがあるんだけど」

前アーチャー「何だ? 連帯保証人のハンコはおさねーぞ」

イリヤ「そ、そんなの頼まないよー。えっと……お兄ちゃんとロマンティックなデートがしたいんだけど」

前アーチャー「んあー、ロマンティックねー」(ほじほじ)

イリヤ「もう、鼻ほじりながら聞かないでよー……」

ライダー「イリヤが話しかけてるわ。きちんと聞きなさい」

前アーチャー「いててててて、パイナップルを握り潰す勢いでフェイスクローすんなー!
       大体、ライダー……おめーがロマンティックなデートやらを手伝ってやれば済む話じゃねーか」

ライダー「わかったわ」

イリヤ「ライダーさん、いいの? やったー」

前アーチャー「イリヤ、俺は凄まじくデンジャラスで危険な予感を覚えるんだが……」