バベル外伝? 2話


~~TV番組内

ラウリン 「今や、秀吉! クレジットカードを使うんや!」

秀吉 「一つ、これで収めてくれませんか?」




~~リビング

イリヤ「うーん、テレビを見て思うんだけど……アーチャーって、あんまり英雄っぽくないよね」

前アーチャー「あーん? 俺様の何処が英雄っぽくないって?」

イリヤ「モロキュウ食べながら、麦焼酎ラッパ飲みしてる英雄ってあんまり居ないと思うよ」

前アーチャー「うるせーなお嬢ちゃん。その小学生にしては大きめの乳揉ませろやー!」

イリヤ「きゃあ、嫌だよ、アーチャー!」




ライダー「………」

前アーチャー「すんませーん、調子に乗りやした。だから、そのトカレフ仕舞って貰ってくりー」

ライダー「触ってたら、命は無かったわ」(ぼそり)

前アーチャー「くそー、肩身が狭いぜ。このフレッシュ☆プリキュアを何だと思ってる」

ライダー「何か言ったかしら?」

前アーチャー「いや、何でもないない」


~~放課後、ファーストフード店

前アーチャー「俺様が英雄っぽくないというクレームが来たんで、どうすればいいか対策を考えたいと思う」

アヴェンジャー「そりゃ、クレームも出るよ」

前アーチャー「いまいち普通の英雄というものがわからなかったので、外部のリサーチ会社に委託した」

イリヤ「そこまで本格的にやったんだ」(汗)

凛「何々……『英雄は的確な助言をすることが多い』」

前アーチャー「何だ、きちんとクリアしてるじゃねーか」

凛「あんたがどんなアドバイスをしてるっていうのよ……」

前アーチャー「こう四十八手のやり方をだな……」

桜「大いに役立ちました」(むふー)

凛「こいつ、本当にロクでもねえな……」



アヴェンジャー「えーと、次は……『格好いい台詞を決める』」

前アーチャー「ふ、簡単だな。既に俺様という存在そのものが完璧すぎるほどだからな。
       懐かしい……厚顔無恥なカスどもを脅した時を思い出すぜ
       血涙を流して尻を突きだし「サノバビッチ!」と悶え叫ぶ顔は見物だったなー」

イリヤ「それはちょっと怖いな」(汗)



前アーチャー「では、ごほん!
       荒れ果てた大地の果てで、翼折れ膝を付く戦乙女たちよ――」

凛・桜・アヴェンジャー「「「だ、誰!?」」」

前アーチャー「緑なす約束の地へと、その心を誘わん……
       (訳:どうしたのー? じゃあちょっとそこの個室サロンにでも行ってみよーかー?)」

イリヤ「真面目にやって、それなんだ」(汗)

凛・桜・アヴェンジャー「「「………… 」」」

前アーチャー「誘わん……」スッ…

「」バシッ!

前アーチャー「…………誘わ」

凛「いや寄るな」ジリジリ…

前アーチャー「……惑わしの蛇に囚われしその果実、悠久の契約に従い、差し出しておくれ
      (訳:大丈夫だよー? 変なコトとかしないからー、ホントホントー)」ジリジリジリ…

凛「ちょ、来んなっていやホント止め、マジでちょっ、よ、寄るなっていってんでしょうがぁぁああああ!!!」


――ビリビリドガッシャァァアアアアアアン!!


桜「えっと……次は『格好いいポーズを決める』ですね」

前アーチャー「あーん? 格好いいポーズ?」(くっちゃくっちゃ)

凛「ちょっと、大口開けてポテト噛まないでよ」

前アーチャー「格好いいポーズねー……こんな感じか?」

凛「確かに格好いいポーズだけど、その右手で携帯を突き出してるのって、何のポーズよ」

前アーチャー「こうやって、携帯でパンツを撮影してるのさ」(ちゃらりらりーん)

イリヤ「あ、アーチャー、やめてよ!」

アヴェンジャー「死ねっ!」(ドゴッ)

前アーチャー「ぬぐあっ……おまえ、いつも茨杖を何処から出すんだよ」

凛「……もしかして、私達の分も撮影してたんじゃないでしょうね?」

前アーチャー「撮影してあった。だが……」

凛「だが?」

前アーチャー「イリヤの家に泊まったときに、翌朝確かめたらライダーの写真を残して、全部消えてた……」(ひそひそ)

凛・桜・イリヤ・アヴェンジャー「「「「うわー……」」」」

前アーチャー「おまけに、この前ライダーを撮影したときに……パンツが映ってなかった」

イリヤ「それって……」


~~衛宮邸

ライダー「………」(ニコニコ)

~~


前アーチャー「最近、ライダーのあの女神のように慈愛に満ちた笑顔が俺は怖いんだが……」


前アーチャー「しかし、英雄になるのも、案外容易かったな」

凛「いや、全然なってないから」

前アーチャー「俺様と契約して、マスター(エロ奴隷)になって欲しいなもし」(ちゃらりらりーん)

イリヤ「キャッ!」

アヴェンジャー「だから、写メを撮るのはやめてよ……それにその語尾は可愛くないし」

前アーチャー「………」

イリヤ「どうしたの?」

前アーチャー「やたらと気合の入ったパンティーが写ってるんだが」

イリヤ「もう、アーチャーのエッチ……」(もじもじ)

凛・桜・アヴェンジャー「「「うわー……」」」

前アーチャー「イ、イリヤ……小学生としては、もうちょっと落ち着いた下着をだな……」

イリヤ(//////////////////)

凛・桜・アヴェンジャー(ニヤニヤ)

前アーチャー「おまえら黙ってないで助けろやあああああああ!!」




桜「そもそもの出発点がおかしいんですよ。
  英雄らしさを追求するんじゃなくて、そのオジサン臭さを消さないと」

前アーチャー「あーん、誰が還暦だって、こるぁあああああ!!」

アヴェンジャー「誰も、そんなこと言ってないよ」

前アーチャー「さてと、英雄(ヒーロー)としてもっと若々しい振る舞いを勉強しないと……」

凛「アーチャー、あんた最近だんだん追い込まれてない?」



~~イリヤの部屋

前アーチャー「というわけで、若者らしく、イタ飯を食って、サッカー日本代表を応援するぜ」

イリヤ(発想が古いなー)

前アーチャー「どうだ、若々しいだろう」(むしゃむしゃ)

イリヤ「いや、若々しいって言っていいのかなー……」

前アーチャー「あーん? じゃあ、俺はどうすればいいんだよ?」

イリヤ「アーチャーはアーチャーでいいんじゃないかな。英雄(ヒーロー)らしくない英雄(ヒーロー)って感じで」

前アーチャー「何だよ、結局そういう結論かよ。イリヤがいいって言うなら、普通におっさん臭く生きるぜ」

イリヤ「それが一番だよ」


前アーチャー「さて、英雄議論が落ち着いたところで……その若々しいプリッとしたケツ触らせろー!」

イリヤ「きゃああああ!!、やめて、アーチャー!」

ライダー「………」



~~五分後

イリヤ「えっと、アーチャーはどうなったの?」

ライダー「裏庭に宝具ごと埋めておいたわ。五〇メートル近く掘った穴だから、当分は出てこないはずよ」

イリヤ「ちょっとやり過ぎじゃないかな?」(汗)