無窮の英知:A+
一つの時代で無双を極めるほどの知識量。
心技体の完全な合一によりいかなる精神状態でも質問への正確な解答を可能にする。
神域の頭脳を誇るヘイドレクの初期の頃のネタスキル。


~お夕飯にヘイドレク~

士郎「バーサーカー、今日の夕飯何が食べたい?」
ヘイドレク「■■■■■ーーーーーー!」
士郎「ああ、この聞き方じゃあ駄目なのか」
ヘイドレク「■■■■■ーーーーーーーー!」
士郎「ならバーサーカー、この冷蔵庫の内容物で出来る夕飯はなんだ?」
ヘイドレク「鍋焼きうどんーーーーーーーーー!!」


~絶体絶命にヘイドレク~

マスター「この窮地を脱する方法はあるか?」
ヘイドレク「そんなもの無いーーーー!」
マスター「私はどうすればいい!」
ヘイドレク「■■■■■ーーーーーー!」
マスター「あいつの宝具の弱点は?」
ヘイドレク「特にないーーー!」
マスター「あれと戦えば良い!?」
ヘイドレク「■■■■■ーーーーーー!」
マスター「クイーンの正確な身長・体重・スリーサイズは!?」
ヘイドレク「身長133cm、体重36kg、B57・W54・H56、フフフ俺に答えられぬ解は無し」


~あらあらお茶目なヘイドレク~

セイバー「な、なんだこいつのまがまがしい剣は・・・!」
ヘイドレク「■■■■■ーーーーーー!」
セイバー「いったい、その剣の真名はなんだ!?」
ヘイドレク「テュルフングーーーー!」
セイバー「・・・は?」
ヘイドレク「■■■■■ーーーーーー!」
セイバー「貴様・・・、一体何者だ?」
ヘイドレク「バーサーカーーーー!ヘイドレクーーーー!」
マスター「ぬわーーーっ!貴様ーーーーーーーーーーー!!!」