田村麻呂と鈴鹿のトラぶる道中記
    サイキョウフウフシュツゲキケイホウ     エミシセイバツタイ
チーム名:最強夫婦出撃警報 ラブラブ蝦夷征伐隊

<オープニング>
 衛宮邸のとある和室。
スズカ「貴方。こんなチラシが届いてましたよ」
タムラ「ん?・・・なになに、う゛ぁるはら温泉招待状?」
スズカ「聖杯運営委員会からですね。全てのマスター、サーヴァントに配布しているようです」
タムラ「聖杯運営委員会?なんだソレ、聞いたことないぞ。・・・しかし、温泉か。いいな」
スズカ「ふふ、一緒に入りたいですか?」
タムラ「おいおい、野暮なこと聞くなよ。・・・一緒は嫌か?」
スズカ「もぅ、女性にそんなこと言わせるつもりですか?」
タムラ「ははは、悪い悪い。それじゃ、行ってみるとするか」
スズカ「お供しますよ。どこまでも」

<中ボスステージ:vs日本武尊&ポイヤウンペ>
スズカ「おや、あれは・・・」
タムラ「日本武尊殿と、蝦夷の英雄殿か」
ポイヤン「げ、敵が増えた」
ヤマタケ「む、ちょうどいい。お前たち、このチビスケをどうにかしてくれないか?
    私がヴァルハラ温泉へ行こうというのを、邪魔しようとするのだ」
ポイヤン「だから、早い者勝ちだろうが。つか、お前こそ邪魔すんなよ」
タムラ「一緒に行くというのは?」
ヤマ・ポイ「「絶対却下」」
タムラ「相変わらず、仲が悪いようで・・・。
   鈴鹿?どうした、大通連を出したりして」
スズカ「ふふ、このお二方もう゛ぁるはら温泉を目指しているのでしょう?
   せっかく夫婦水入らず、温泉でくつろごうと思ったのに・・・。
   こんな騒々しい輩がいては、台無しじゃないですか」
ポイヤン「怖っ!なにこの女、超怖い!これがヤンデーレって奴なの!?」
スズカ「黙りなさい、脳無し豆。
   夫婦の仲を邪魔する輩は、逆レイプされまくって果ててしまえばいいのです」
ポイヤン「オゥフッ!
    こ、心にきた・・・今の発言、すっげぇ心にきた・・・」
ヤマタケ「ざまぁwww」
スズカ「妻を贄に捧げるような、愛の分からない冷血漢に、夫婦を邪魔する資格はありません。
   家に引き篭もって女装しながら、父を思って自慰にでも励んでなさい」
ヤマタケ「ガフッ。
    あぁ、花畑が見える・・・あ、父上が手を振って・・・くれてない!
    あ、逃げないで、待って父上ぇ!」
タムラ「・・・我が国でも有数の英傑たちが・・・なんとムゴい」
スズカ「さ、こんなマダオどもは放っておいて、行きましょう」
ポイヤン「待てや。
    ははは、俺もう我慢できねぇや。久しぶりに・・・キレちまったよ」
ヤマタケ「奇遇だな。私もだ。ここまで侮辱されて黙ってはいられない。
    おい腐れチビスケ。2分ほど手を貸せ」
ポイヤン「はっ!足引っ張るんじゃねぇぞ、カマスケ」
スズカ「どこまでも邪魔するのですね。なら、返り討ちにしてさしあげましょう」
タムラ「全く、仕方ないな鈴鹿は」

<ラスボスステージ:vsオルフェウス>
オルフェ「おや、あなたたちは・・・」
タムラ「おぉ、オルフェウス殿」
スズカ「あら、ギリシアの七英雄がこんなところで何をなさっているんです?」
オルフェ「いえ、このチラシなのですがね」
タムラ「あぁ、聖杯運営委員会とかいう、聞いたこともないような胡散臭い組織からの」
オルフェ「えぇ。何でも、この温泉には、最初に入浴した者の願いを叶える効能があるそうなのです。
    ですので、この機会にエウリュディケを蘇らせ、二人で温泉を堪能しようかと」
タムラ「はは、本当に愛妻家なのだな」
オルフェ「えぇ。エウリュディケは本当によく出来た、私にはもったいないくらいの妻でした。
    どこぞの男を脅迫して婚姻を迫るような、野蛮な鬼嫁とは一線を画しています」
スズカ「グサッ!?ひ、人が密かに気にしていることを・・・」
タムラ「鈴鹿ー!傷は浅いぞ!?」
オルフェ「私は妻を蘇らせられなかったのに・・・なんでこいつらが・・・こいつらなんかが・・・」
タムラ「嫉妬か!嫉妬なのか!男の嫉妬って怖い。そして醜い!」
スズカ「あ、あなた・・・。私はもうダメです・・・」
タムラ「ダメじゃない、ダメじゃないぞ鈴鹿!しっかりしろー!
   くそ、よくも俺の愛する鈴鹿を・・・オルフェウス、許すまじ!」
オルフェ「チッ。イチャイチャとバカップルっぷりを発揮しやがって・・・。
    妻を亡くしたままの私へのあてつけですか?
    本当に、なんて狂おしいほどに妬ましい・・・。
    大体、愛する妻なんて言ってますが。
    あなた、初期の伝承では彼女を殺してるじゃありませんか」
タムラ「アベシッ!ふ、触れてはならない問題に触れやがって・・・。
    妻を取り戻すこともできねー軟弱者が、俺らの愛を否定すんなよ!」
オルフェ「私の愛が、あなたたちに劣っているとでも?
    ふふふ、なんて度し難い考えでしょう。
    その心、枯らしてくれる」
タムラ「俺に悪意を持ったな?
   貴様の抱いた悪意こそが、その身を滅ぼす咎と知れ」
スズカ「キャー!あなた、がんばってー(はぁと」
タムラ「復活早いね、鈴鹿」
オルフェ「脅迫紛いのプロポーズとか、実は毛ほども気にしてないでしょ、あなた」

<エピローグ>
タムラ「“かぽーん”て擬音は誰が最初に考えたんだろうな。そいつ絶対天才だよ」
スズカ「ふふ、気持ちいいですね」
タムラ「ああ。やはり温泉は最高だな。身も心も洗われる」
スズカ「そういえば、この温泉には願いを叶える力があるんでしたね。
    ふふふ、何を願いましょうか?」
タムラ「願いなんていらん。お前がいればそれでいい」
スズカ「あら」
タムラ「俺の願いはお前と一緒にいることだ。
   お前がいなければ、全て台無しだ。こんな素晴らしい温泉でさえ、お前なしでは泥沼にも劣る。
   でも、お前はここにいる。だから、世界は色褪せない。
   お前さえいれば、俺は幸せなんだ。他には何も要らない」
スズカ「・・・なら、温泉の力は私が使ってもよろしいですか?」
タムラ「いいけど・・・何を願うんだ?」
スズカ「勿論、あなたと永久に連れ添えますように」
タムラ「・・・あぁ、それはいい。俺も、それを願うとしよう」
スズカ「なら、一緒に願いましょう」
二人「「これから先に何があろうとも、ずっと一緒にいられますように・・・」」
~Fin~