Fate/Another Servant 
         HeavensFeel 2 第十五話ミニ劇場

~芸術戦争~

遠坂  「というわけで今回より聖杯戦争は平和的に解決する道を選ぶことになった」
一同  「………はい?」
ベーオ 「あ、あの遠坂殿?」
遠坂  「冬木の土地を管理するセカンドオーナーの決定だ。異議は認めない」
ヘイドレ「おいおい何考えてんだオメェ?ヴァカじゃねーのか?」
雨生  「俺もそう思う。馬鹿じゃないのか遠坂」
アン  「そうじゃそうじゃ。土地の管理者ならその辺りの隠匿工作もしっかりせんかい」
間桐  「遠坂お前の無能を他人に押し付けるな」
ラメセス「然り。俺様は俺様のやりたいやり方で勝利する。下郎如きが口を挟むでないわ!!」
ローラン「そーだ!そーだ!」
遠坂  「…………お・ま・え・た・ち・がっ!!!(拳振り上げて)」
ヘイドレ「ぐあっ!?な、何だこの硬いもんは!?」
雨生  「いぎゃっ!!ひ、額が割れたぁぁ!!」
アン  「げぼ!!!?あ、ああああ!ワ、ワシの鎧に皹があぁぁぁ!!?」
間桐  「がっ!!?ろ、肋骨が……」
ラメセス「イタイイタイ!!やめろ下衆め!!
     ファラオの頭を鈍器で殴るとは気違っているのか貴様!!」
ローラン「痛タタタタタっ!!?おいファイター!お前のマスターを止めてくれー!
     掌サイズの特大ダイヤモンドでサーヴァントを殴るとか正気じゃないって!!?」
遠坂  「これぞ我が遠坂家に伝わる拳法『宝珠拳』なり!!」
ベーオ 「見事な拳法だ遠坂殿!」
忠勝  「待たれい、拳法と謳っておきながら宝石を鈍器にして撲るだけとはこれいかに?」
遠坂  「そういう拳法なんだから仕方が無い」
ヘイドレ「痛ってぇな!ぶっ殺すぞてめ!…ぶはっ!?」
雨生  「バーサーカーこんな奴やって、うぎゃっ!!」
遠坂  「お前と!お前が!押し込み強盗殺人紛いの真似ばかりするから!(ゴスッゴスッ!←打撃音)」
ローラン「お、おいバーサー……痛い!痛いぞ!」
遠坂  「お前が!メルヘンな馬車で町中を闊歩するから!!(ゴリゴリ!)」
ラメセス「おい貴様いい加減にしないと……
     ああああネフェルタリィィ!野蛮人が俺様に襲い掛かってくるぅぅ!」
遠坂  「お前が!所構わず巨大な建造物をおっ建てるからっ!!(グリグリグリ!)」
アン  「マスターバーサーカーじゃ!第二のバーサーカーが現れよった!」
間桐  「お、お、お前が何とかしろよサーヴァントだろ……ぎゃああああああああああ!!!」
遠坂  「そしてキ・サ・マ・らが!町を大破壊してくれるから……っ!
     私の隠匿工作が追いつかなくなっているんだろうがあああ!!!(ぎゅるるるる←遠坂の回転音)」
忠勝  「これが世に名高いハリウッド映画、乱暴~怒りの鉄拳~でござるか!?」
遠坂  「はぁはぁ!というわけで平和的に解決することにした。判ったな!」
負傷者達「ハイ……」


遠坂  「さて平和的にやるのならやはり芸術で勝負を決めようと思う」
綾香  「なんで芸術なの?」
遠坂  「私の趣味だ」
綾香  「あ、そういう自分基準なんだ……」
ソフィア「まあ私はミスタトオサカに賛成するがね。下品な競い合いよりかはいい」
ローラン「つまり絵や彫刻とかで一番言い出来だった奴が勝ちなわけだな?」
遠坂  「その通りだ。ただしサ-ヴァントが作ったもので無いと認めないから注意するように。では始め!」
牧師  「私たちは見ているだけでいいのか。
     芸術面で勝負させればライダーに勝てる者が居る筈もないというのに」
綾香  「油断してると足元掬われるわよ?ランサーの手先の器用さは大したものなんだから」
雨生  「ふふんその自信、後から後悔することになるぞ。
     なんて言ったってうちのバーサーカーはKOOLだから!」
アインツ「そのクールは駄目な方のクールじゃないかしら?」

     各自鋭意製作中……そして完成!

遠坂  「さて各自出来上がったものを見せて貰おう」
綾香  「審査員は?」
ローラン「こいつにやって貰えばいいと思う、な!」
オリヴィ「………なぜだ?」
遠坂  「まあ良いだろう。
     オリヴィエならば騎士の誇りに誓って公正な判定をしてくれる。そうだろう?」
オリヴィ「いや…だからなぜ私が……説明しろ!スタッフゥゥゥウーーーー!!」
遠坂  「では最初の者、作品を出してくれ」
ローラン「おう!俺の作品はこれだ!ジャジャーン!」
綾香  「岩?」
遠坂  「……岩だな、どこからどう見ても」
オリヴィ「ローランこれが君の芸術なのか?せめて石の加工くらい──」
ローラン「ふっふ~ん。いいやまだまだ、オレの芸術はこれからだ!
     うおおおおおおおおお弾け飛べ……とうっ!!!(岩まで突っ込んで行って…ちゅどーーん!)」
間桐  「うわっ何考えてんだこいつは!?」
綾香  「イタッイタタ!撒き散らされた岩の破片がっ」
ソフィア「ごほっごほっ!おまけに砂埃まで、おのれ卸したての服を…!」
遠坂  「で、セイバー。今のはなんだったんだね?」
ローラン「よく言うだろ? 芸術は爆発だって!!だから岩を爆発させてみた!」
ローゼン「………………」
ラメセス「………」
アインツ「……こんな知能指数の低い者がアインツベルンのサーヴァントだったなんて……」
遠坂  「で、判定は?」
オリヴィ「0点。ローラン!他の人に迷惑をかけるなといつも言っているだろう!」
ローラン「ええええええ!!?なんでだ!?オリヴィエの裏切り者ーー!!」
オリヴィ「君が根本的に芸術というものを間違っているからだっ!」
遠坂  「まったく芸術をなんだと思っているんだ。ファイター!手本を見せてやるんだ!」
ベーオ 「あ、いや遠坂殿、私はちょっと不調で……」
ヘイドレ「おい…こいつもなんの加工もしてねえ岩を用意してっぞ」
雨生  「ゲラゲラゲラ!ネタが被ってるくーるだ!クールすぎるぞファイター!ゲラゲラ」
遠坂  「ファイタァァァアアアアァァァ!!!!(怨」
ベーオ 「あ、あ、えと、えと!そ、そうだ!
     こう泥を全身に満遍なく塗りたっくって、それからポーズとって……。
     ボディビルの銅像!……とかどうだろう?」
ラメセス「はっはっはっは!!これは傑作だ!
     大英雄ともあろう者が体を張った大層な一発芸だなファイター!」
綾香  「セイバーとファイターって色んな意味で同レベルだったんだ……」
遠坂  「ファイタァアァアアァァァーーー!!(赤面)」
ソフィア「ぷくっくっくっ!し、審査員、くっく!は、判定、はククッ!」
オリヴィ「プッくくっ…5点…(笑い堪えながら)」
ベーオ 「く、無念!」


忠勝  「では次は拙者の番でござるな、見よこれぞ芸術でござろう!」
遠坂  「おおっ!」
間桐  「へぇ、意外に上手いな。それに特徴を捉えているから結構似ている」
ソフィア「今までがクソだった分余計にそう思えてしまうな」
綾香  「うわ上手!ってこれ私?」
忠勝  「拙者の主である沙条綾香殿の等身大彫刻でござるぅぅ!
     ちなみに胸元は少し増量しておいたで…ゴハッ!?」
綾香  「変な所で妙な気遣いを見せるなっ!(赤面)」
忠勝  「あ痛たた。折角慎ましい主殿の胸元を不憫に思ってやったことだというのに」
綾香  「余計はお世話よ!死んでまで喧嘩売ってんのアンタ!!?」
遠坂  「さあこれは結構な良作だ判定は!?」
オリヴィ「出来もさることながら君主に対するその思いやり。
     感動しました異国の騎士よ。80点です」
アン  「ちなみに裾の下はどうなっておるのかなぁ~?」
綾香  「覗・く・な!」
アン  「じゃからと言って普通英霊の顔を踏ん付けるもんかおなごよ?」
綾香  「とかなんとか言いながら生の方のを覗こうとするなっ!!(加圧)」
アン  「ぐおおおお!?踏み付けが強く…!
     いやしかし!こ、これは……ちょっと、いいかもしれんぞぉぉぉ!」
剣&槍 「人の主に何してるこのマゾ弓兵!斬り捨てるぞコノヤロー!!」
ヘイドレ「オイいつまでやってんだ変態野郎ども。次は俺の番だ」
ローゼン「よもや貴方までファイターやセイバーと同じオチということないでしょう?」
ヘイドレ「ハッ!バカ言うんじゃねえよ。これが俺の芸術!題名は阿鼻叫喚!」
阿鼻叫喚「ア”ア”ア”ア”ァァア!もう”コロシテクレ”ェ~死なぜてくれぇ~だのむぅ」
綾香  「ひぃ!ナニコレ!?」
ソフィア「に、人間かコレ?!!」
ローゼン「誰が」
ベーオ 「本物の」
オリヴィ「阿鼻叫喚を」
遠坂  「作れと言ったあぁぁぁぁ!!」
ヘイドレ「あべしっ!!」
雨生  「ええええ!!!?ほわっと!?これじゃ駄目なのか!?
     バーサーカーと相談した結果芸術は悲壮感溢れる生の作品が良いって事になったのに!」
ローゼン「だからと言ってこれはナマ過ぎるでしょう!!」
遠坂  「何のための芸術勝負だと思っているんだお前らは!さらに屍の山をこさえてどうする!」
オリヴィ「判定するまでもなくマイナス100点!」
雨生  「ええええ不公平じゃん不公平じゃん!」
遠坂  「やかましい!」


間桐  「今度はアーチャーの番か。おいアーチャー準備の方は出来ているな?」
アン  「任せんか、これぞワシの芸術!古代海庭園じゃ!」
ローラン「うおおおおおスゲーーーーー!!!」
ローゼン「これはなかなか綺麗ですね」
ソフィア「5m四方の中に再現された海の楽園というところか」
綾香  「凄いは凄いんだけど……でもこれって」
遠坂  「どこからどう見ても豪勢な水族館だな」
間桐  「なんだ遠坂ケチを付けるな。
     芸術は芸術だろう、日本にも庭園を一つの作品と見立てた物あるだろ」
アン  「がっはっは!馬鹿めこれだけではないわ!
     この古代海庭園の最大の見せ場はこれからじゃい!
     さあ!当園の最高の人気者よ出でよ!」
ヘイドレ「おい……園の中心部からキムクイが出てきてっぞ…」
遠坂  「こんな何をしてるんだあの亀神は?」
ベーオ 「っというより仮にも神を一番の目玉にするかアーチャー」
アン  「あれぇおかしい反応が悪いの~?亀神なら珍しさも世界一じゃとおもったのに。
     神に製作協力して貰えば楽勝かと思ったんじゃが読みが外れたか」
遠坂  「なんだもしかしてこれはキムクイが作ったのか?」
アン  「当たり前じゃ。キムクイ様はスッポン料理以外なら何でも出来ると仰っておったわ」
オリヴィ「他者の手を借りるとは卑怯千万。よって減点して50点だ」
アン  「なんじゃとぅ!貴様それでも審判か!再判定を要求するぞこの節穴審判め!」
オリヴィ「審判に罵倒とクレーム!?ピピーッ!アーチャーはシャルルレッドカードで退場だ!」
アン  「なにぃぃ!?」
ローラン「おおオリヴィエが乗ってきたなぁ」
忠勝  「止めなくていいのでござるか?」
ローラン「いいよいいよ。オリヴィエもたまには息抜きも大事さ。溜めると禿げちゃうしな」
忠勝  「オリヴィエ殿もさぞ苦労しているのでござろうなぁ(しみじみ」


ラメセス「さあ茶番は終わりだ貴様ら!
     芸術の真髄は常に俺様と共にある!よって芸術は俺様の独壇場!」
牧師  「建造物で勝負か。ライダーにとっては勝算も高い種目だからな」
ラメセス「甘いわ牧師!俺様がそんな安易な手段に訴えると思ったら大間違いよ。
     今回は特別出血超サービスで絵画で勝負してやった!
     見るがいいそして驚け!これぞ芸術なり!」
一同  「おおおー!」
牧師  「お前にこれほどまでの美的センスがあったとはな。これは悪魔の絵か?」
ベーオ 「何て禍々しい迫力だ!私もこんな幻想種は見たことが無い!」
ローラン「お、オレもだ!今までこんな恐ろしい怪物を見たことが無いぞ!?」
遠坂  「こう、なんだろう。見る者の胸を圧迫するようなおぞましい衝撃があるな」
間桐  「うちの妖怪爺よりも醜いモノがこの世に存在したと今始めて知った……」
アインツ「我がアインツベルンの本城にもこのような迫力のある絵画はなくってよ。
     これは本当に貴方がライダー?よければ頂いてもいいかしら?」
ヘイドレ「まさに恐怖を絵に描いたらこういう形をしてるって感じじゃねーか…。
     チッ!やっぱ芸術面のセンスは野郎が本命だったか」
忠勝  「むむむ、かような怖気の走る絵を描くとはやるなライダー!」
ライダー「御前達はなにを言っている?これはランサーの肖像画だぞ?」
一同  「…………は?…ええええええええ!?」
ライダー「この絵画はそこの生意気なサムライの肖像画だと言ったのだ。
     光栄に思うがいいぞ無粋なサムライ?
     後世に名を残す芸術家が貴様の貧相な面を描いてやったのだからな」
忠勝  「はぁぁぁぁぁぁあああコレ拙者!!!?」
アン  「がっははははははっははは!!!傑作じゃ!これは傑作じゃ!」
忠勝  「アーチャー笑い過ぎで御座るぞっ!」
アン  「くっく!いやしかしじゃな、かっかっか!駄目じゃ堪え切れんわ!」
牧師  「前言を撤回させてもらう。破滅的なまでの絵の下手さだな……」
ヘイドレ「お、おい!これってランサーのツラだったのかよ?!!」
ローラン「人類の顔にはとてもじゃないが見えないぞ!!?」
ベーオ 「これならまだグレンデルの方が人間っぽい顔立ちをしていた……!」
雨生  「悪魔の方がまだ可愛げがあるよ!」
アインツ「やはりライダー、その絵は急遽不要になりました」
綾香  「そういえば古代エジプト人が描く絵っていまいち上手くはないわよね?」
間桐  「だからと言っても限度が有るだろう限度が?」
忠勝  「ええいこのド下手糞め!なんだこの大和全土が震撼しかねん大妖怪は!
     拙者はこのような顔では御座らん描き直せライダー!」
ラメセス「なんだと貴様!俺様の絵を侮辱するか!!?
     所詮は生前に自分の肖像画を八度も書き直させた無粋者よな!」
綾香  「……ランサーって昔はそんな事してたんだ?」
忠勝  「あ、い、いや違う!違うで御座るよ主殿?
     あ、アレはどうせ描くのなら納得のいくものを描いて貰おうと思っただけで!」
ヘイドレ「でも普通はよぉ、流石に八度も描き直させねぇぞ?」
忠勝  「ちょっとしたお茶目と言うやつでござろう!」
ラメセス「はっはっは!無様よなランサー!」
忠勝  「何を他人事の様に笑っているか!御主には笑われたくは無いわ!
     第一御主も自分の石像の顔を自分で好きな様に整形しておるだろうが!」
ラメセス「ふん!そんなものラーより与えられたファラオの権利だ!問題などない」
忠勝  「問題ならあろうが、元を正せば御主の人物画が度を過ぎて下手なだけでござろう!?」
ラメセス「なにをぉ!!?」


牧師  「おいライダー、ちなみに冬木の地図をちょっと描いてみてはくれないか?」
ラメセス「ん?これより制裁しようという時に……まあよかろう。
     さらさらさらっと!ほら出来たぞ」
牧師  「………なるほど」
アン  「なるほどなあ」
ソフィア「ちなみに他の者に訊くが何に見える?」
ローゼン「………魔獣……に見えますね」
遠坂  「私もそう見える」
ローラン「オレも」
ベーオ 「これと同じ様なやつを生前見たことがある」
ラメセス「おのれぇぇ!ファラオを愚弄する気か貴様らぁ!」
オリヴィ「とりあえず採点は30点。タイトルさえ言わなければ素晴らしい作品だったのに……」
ラメセス「納得いかんぞぉおおおおお!!」
ローゼン「では最後はボクの順番ですね」
牧師  「まあキャスターの性格を考えればかもなく不可もなく無難なものが……なん、だと?」
綾香  「わぁかわいい」
間桐  「とんでもないのが出てきたな……」
ローラン「なあオリヴィエ……これって」
オリヴィ「我が国のフランス人形……?」
アン  「おいキャスターこれは」
ローゼン「これぞボクが作り上げた高貴で最高で至高で崇高にして究極の美です!
     道具作成スキルを最大限に利用し機能美と造形美を併せ持つ究極の美を表現しました!
     やはり芸術を生み出すならまず人間です!人間こそが芸術を生み出すのです!
     人間とは即ち神の至高の芸術品でありながら自らもまた芸術品を生み出せる究極の芸術!
     つまり人間という芸術を超えるならば人間が人形を造るのが当然の理。
     むしろ大自然の法則と言ってもいいでしょう。否宇宙的法則とまで言ってもいい!
     だからボクは考えました!どうすれば至高の人型を作れるのかと!
     そしてついに至りました。やはり造るのなら少女や少年がいい!時代のニーズにも答えられる。
     それにどうせなら人形は可動もした方がいい!可動です可動!
     判りますか?判らない?脳みそ筋肉ですか貴方がたは今すぐ理解しなさい。
     よって可動には間接が大事!つまり間接球体こそ至高なのです!ああ間接球体最高!
     と言うことでボクの娘たちであるクロイツ人形こそ魔道面でも芸術面でも戦闘面でも至高の作品だと断言できるのです!
     当然喋れます!成長もしません!気品を持ち清廉さと可憐さを兼ね備え───(以下省略)」
ソフィア「あのキャスターが怒涛の勢いで喋っている……」
綾香  「……止まらないわね」
ローラン「なあこれオードに一体持って帰ってあげたら喜ぶかな?」
オリヴィ「怪我じゃ済まないからやめなさい。あれでも一応凶器だから」
遠坂  「時間的にも駄目だなこれは………」
アン  「奴はもう駄目じゃ放っておけ。さっさとタイトルコールした方がいい。
     ────戦の小休止は終わり再び参加者たちは活動を開始する。
     相方の死に沈むセイバーと綾香。
     だが半世紀ぶりの闘争には優しさなど存在しない。
     大きく動き始めた戦局を確認するように。相手の出方を伺うように。
     マスターたちは変動を求め、ただ敵との遭遇を渇望する────。
     FateAS第十五話。八日目『剣士と闘士』その壱。
     っておおい何時までやっとるキャスターよそろそろ本番が始まるぞー」
ローゼン「であるからしてやはり人形は幼年体に限ります!
     なにせ成人体ではどう言い訳してもダッ〇人形にしか───ハッ!!?ボクはなにを?」