名前:ファナ・ロレンテ・イグレシアス
性別:女
身長・体重:153cm 42kg
年齢:10代
イメージカラー: 赤茶
特技: 調査
好きな物: 工芸品 会話
苦手な物: 下ネタ
嫌いな物: タバコ
天敵: 運
戦闘技術:特記事項なし
武装・能力:黒鍵・癒やし、浄化の奇跡
【人物】
 聖堂教会に所属するシスター。スペイン出身。容姿は赤茶の髪で童顔。
 ドジで不運で本人にとっては望まないことばかりお鉢が廻ってくるが、
 愚痴をこぼしつつも毎日を前向きに生きている健気な少女。
 不思議と周りを和ます空気を持っているため、皆に親しまれ愛されている。
 もっとも、人によってはとても苛めたくなる存在でもあるらしいのだが。
 小さい頃から人と話すのが好きでそれが長じて、調べものは得意である。
 今回はそれが買われての「大学」への派遣となった。
 癒しの奇跡を修めているが彼女の本来の持ち味は、むしろ性格からくる精神的な癒し。
 戦闘は専門外であるのに、今回は上司からどういう厭味か黒鍵を渡されてしまい、
 またも愚痴をこぼしつつ、今日も健気に彼女は頑張っている。
 まだまだ、下ネタを笑ってかわせる余裕はないお年頃である。
 幼い頃に別れた父親の記憶があり、特定銘柄の煙草の匂いに安心感を抱く。
 が、煙草の煙そのものはとても苦手。 母から習った細工物を作るのが趣味。好物はスペインの辛口大衆料理であるが
 アメリカのフライドポテトでも代用可であるらしい。
 しかし、その食べ方はアメリカ人もびっくりであるとか。
 今回の聖杯戦争では、ルイスとコンビを組まされるという予想外の展開で参戦。
 その上「俺が狂っていると判断したら、俺を殺してお前が後を継げ」といわれ、
 何と言うかもう涙目になりつつ、今日も健気に彼女は頑張っている。

 属性:水
 特に“清浄”を得意とし、呪いの浄化などを行っている。
 が、最も得意としているのは他者の精神を“洗う”ことで
 その精神を正常な状態に近づけることができる。

添付ファイル