【元ネタ】旧約聖書
【CLASS】キャスター
【マスター】
【真名】モーセ
【性別】男性
【身長・体重】183cm・68kg
【属性】秩序・中庸
【ステータス】筋力D 耐久C 敏捷C 魔力A 幸運C 宝具A
【クラス別スキル】
陣地作成:B
 魔術師として、自らに有利な陣地を作り上げる。
 “工房”の形成が可能。

道具作成:B+
 魔力を帯びた器具を作成できる。
 マスターとの協力で十戒を収める『聖櫃』作成が可能。

【固有スキル】
洗礼詠唱(旧約):A
 古代における、唯一神の“神の教え”を基盤とする魔術。
 その特性は現代の洗礼詠唱とは大きく異なり、
 神に背くものに滅びをもたらす災厄を得意とする。

神託:B
 神の託宣により、その状況での適切な判断ができるようになる。
 ランクBの場合、問いかければ大抵効果を発揮する。

高速神言:B
 呪文・魔術回路との接続をせずとも魔術を発動させられる。
 大魔術であろうとも一工程(シングルアクション)で起動させられる。
 現代人には発音できない神代の言葉を、神託により授かっている。

【宝具】
『十戒(ジーベン・ゲバウト)』
ランク:A 種別:結界宝具 レンジ:0~99 最大捕捉:1000人
 モーセがシナイ山で得た、神と人との契約をしるした石板。
 石板に禁止事項などの戒律を記入することで、それを強制させる効果を持つ結界を展開する。
 戒律に背くには、神秘との繋がりの薄さが重要となる、つまりMGIによる判定に失敗することが必要。
 ただし、この宝具は神と人との契約であるため、記入する内容については『神託』スキルによる許可が必要な上、
 モーセ自身が違反した瞬間に効果は無効化されるが、違反しない限り、
 対象がレンジから出てもその対象に12ターンの間戒律は効果を発揮し続ける。
 同レンジ内に複数の戒律が重なることもある。なお、その名が示すとおり、戒律の最大数は10である。

『海割る道程(エクソダス)』
ランク:B 種別:対軍宝具 レンジ:0~50 最大捕捉:-
 エジプトからカナーンへと民と共に脱出するとき、海を割り、道を作った神の加護。
 真名解放とともに、任意の方向に道を上書きすることで、安全な道を提供する。
 この宝具効果は生物や英霊などには効かず、海や壁、宝具などの無生物にのみ効果を発揮する。
 また、道はBランクの防壁と同等に扱われ、この道を通るものに対して攻撃的行為を行った存在
 に対して、自動的に洗礼詠唱での反撃が相手の攻撃と同時に行われる。

【Weapon】
『無銘・杖』
 モーセの愛用する杖。
 サマエルの目をつぶし、撃退する際に用いた。

【解説】
 旧約聖書の『出エジプト記』などに現れる、紀元前13世紀ごろ活躍したとされる古代イスラエルの民族指導者。
 エジプトで奴隷として使役されていたイスラエル人のレビ族の父アムラムと母ヨケベドとの間に生まれる。
 モーセが生まれた当時、イスラエル人が増えすぎることを懸念したファラオはイスラエル人の男児を殺すよう命令した。
 出生後しばらく隠して育てられたが、やがて隠し切れなくなり、葦舟に乗せてナイル川に流される。
 そこへファラオの王女ハトシェプストが通りがかり、彼を助け上げ義母として育てた。
 成長したモーセは同胞であるイスラエル人がエジプト人に虐待されているのを見てエジプト人を殺害。
 ミディアンの地へと逃亡し、結婚し羊飼いとして生活を始める。
 しかし、神よりイスラエル人を乳と蜜の流れる地、約束の地カナンへと導く使命をうける。
 エジプトに戻ったモーセはファラオに面会し、イスラエル人を開放するように要求するが、拒絶される。
 そのため、モーセは、エジプトに十の災厄を与えた。
 結果、ファラオはイスラエル人の解放を許可するが、その後に心変わりしてモーセに軍勢を差し向ける。
 しかし、行く手を阻む葦の海は水が割れ、イスラエル人たちはそこを渡ることで脱出に成功する。
 なお、後を追ったファラオの軍勢は葦の海に飲み込まれ帰らぬ人となった。
 そして、モーセはシナイ山にて神との契約である『十戒』を受けることとなる。
 このため、モーセは「立法者」と呼ばれることとなる。
 この戒律は、神と人との関係と、人と人に関する法を意味している。
 この後に、モーセは土地の王と戦いつつカナンの地へ至った。
 しかし、カナンを前に民が神とモーセに不平を言ったため、神はさらに40年の放浪をイスラエル人たちに課す。
 モーセもまたメリバの泉で、神の命令に従わなかったため、カナンの地へ入ることを許されなかった。
 すでに老年にあったモーセは、己の民を導くために、死を告げる天使サマエルを退けてまで、許される時をまつこととなる。
 ついに、40年の期間が満ちたとき、モーセは民に別れのことばを残し、ピスガの山頂で約束の地カナンを目にしながら世を去った。
 享年120歳。なお、伝統的にはモーセ五書(トーラー)の作者とされる。