【元ネタ】イヌイット神話
【CLASS】キャスター
【マスター】
【真名】セドナ
【性別】女性
【身長・体重】155cm・46kg
【属性】中立・中庸
【ステータス】筋力E 耐久E 敏捷E 魔力A 幸運E 宝具B
【クラス別スキル】
道具作成:-
 宝具による召喚能力を得た代償に、道具作成スキルは失われている。

陣地作成:A-
 魔術師として、自らに有利な陣地を作り上げる。
 “工房”を上回る“神殿”を形成することが可能。
 ただしその能力は水上や水中、水辺に限定される為、
 それ以外の地形で陣地を形成した場合、効果が半減する。

【固有スキル】
魔術:A
 精霊との交信によって得た技能。
 水と風、寒気を操る自然干渉系魔術に特化している。
 大規模な魔術を最低限の魔力消費で行えるが、反面、瞬間的な出力は低い。

水棲:C
 水の抵抗を受けずに活動できる。
 水中に身体を浸している間、魔力と幸運を除く全てのステータスが1ランクアップする。

命の遺産:B
 核が破壊され、現界不可になった時、自動発動する。
 余剰魔力の範囲内で、現時点でマスターに必要な物を作り出し、
 マスターを依代に現界させ続ける。
 マスターとの繋がりが失効している場合、このスキルは発動しない。
 Bであれば部族一つ救うには十分すぎる程である。

精霊の加護:A
 精霊からの祝福により、危機的な局面において優先的に幸運を呼び寄せる能力。
 その発動は水中のみに限定される。

【宝具】
『幻指胎母(ネリビック)』
ランク:B 種別:対人宝具 レンジ:0 最大捕捉:1人
 あらゆる海洋生物にその姿を変えたセドナの十指。
 普段は彼女自身の手にあって指の形を取るが、
 彼女の意思に応じて本来の姿を取り戻す。
 生物達はセドナの意思に従って行動するが、その活動環境は多くが水中に限定される。
 余談だが、指の形であってもセドナ本来の指ではないため、細かい動作を行えない。

『遊泳孤島(イマップ・ウマッソウルサ)』
ランク:B 種別:対軍宝具 レンジ:0~99 最大補足:1000人
 『幻指胎母』の一指である幻想種。海に浮かぶ島。正体は巨大な海の怪物。
 キャスターであるセドナの陣地ともなる。
 海の母であるセドナ以外が背に乗ると、海中深くに引きずり込む。
 この効果によるダメージ判定は無いが、巨大な水流に逆らうことはほぼ不可能である。

【解説】
 イヌイットの神話における深海の女王。
 同時にアドリブンと言う邪悪な死者達の女王でもある。
 父親に左眼を潰され、両手の指を切り落とされて海に沈められた少女が、
 精霊に力を与えられて海の女王となり、死後に神として祭り上げられたもの。
 巨大で醜いという説と美しい少女だという説がある。
 イヌイットの祈祷師には、指のない彼女に代わり彼女の髪の手入れをする儀式がある。
 セドナとはカナダで信仰される場合の呼称で、
 アラスカではネリビック、グリーンランドではアーナーカグサックと呼称される。

【イメージイラスト】

【出演SS】