【元ネタ】ネイティブ・アメリカン伝承
【CLASS】キャスター
【マスター】
【真名】プテサン・ウィ
【性別】女性
【身長・体重】172cm・60kg
【属性】秩序・善
【ステータス】筋力D 耐久C 敏捷D 魔力A 幸運A 宝具B
【クラス別スキル】
陣地作成:B
 魔術師として、自らに有利な陣地を作り上げる。
 “工房”の形成が可能。

道具作成:C
 魔力を帯びた器具を作成できる。
 特に動物の骨や皮といった自然物を利用した器具を作ることに秀でている。

【固有スキル】
魔術:A
 特に自然干渉系の魔術に優れる。

神性:C
 神霊適性を持つかどうか。高いほどより物質的な神霊との混血とされる。
 神の使い、現人神、巫女などの説がある。
 西洋の神とはまた違った「まれびと」としての神性。

命の遺産:B
 核が破壊され、顕界不可になった時、自動発動する。
 余剰魔力の範囲内で、現時点でマスターに必要な物を作り出し、
 マスターを依代に顕界させ続ける。
 マスターとの繋がりが失効している場合、このスキルは発動しない。
 Bであれば部族一つ救うには十分すぎる程である。

【宝具】
『受け継がれる灯火(ペタ・オウイハンケシニ)』
ランク:C 種別:対軍宝具 レンジ:1~20 最大捕捉:50人
 儀式用のパイプ『煙る灯台』の中に灯り続ける火。
 『受け継がれる灯火』が現在までに出会った人物についてのあらゆる事柄、
 その周囲で起こった出来事について記録し続けている。
 プテサン・ウィは『煙る灯台』を通じ、
 『受け継がれる灯火』の記録を視ることができる。
 真名開放と共に指向性を持った煙が対象の周囲を覆う。
 この煙に包まれたものは全て『受け継がれる灯火』の記録の内容を追体験する。
 本来は、自己を省みて、先人達の経験を知ることで正しい道へと進ませる為のもの。

『聖牛転輪(メディスン・ウィール)』
ランク:B 種別:対軍宝具 レンジ:0~40 最大補足:40人
 聖獣である白いバッファローへの変身能力。
 周囲に存在するマナとプテサン・ウィ自身の魔力を消費し、
 レンジ内に存在する全ての対象の体力、魔力及びステータス異常を回復する。
 しかしレンジ内で戦闘を行おうとする者には自動的に強力な「重圧」がかかる上に、
 Bランク宝具相当の「裁きの雷」を任意で落とすことも出来る。

【Weapon】
『煙る灯台(チャヌンパ)』
 かつて、彼女がスー族にもたらしたとされる儀式用のパイプ。

【解説】
 アメリカ先住民スー族の伝説に登場する女性。
 彼らの伝説の中で、最も力を持つ存在とされる。
 遥か昔にスー族のキャンプを訪れ、聖なるパイプを授けた。
 パイプと共に、儀式の作法や人々が生きていく為に必要な知恵を授けたとされる一方、
 身体に触れようとした無礼な男性を、雷を落として焼き殺したという伝承も残る。
 キャンプを去る時には、神性な生き物である白いバッファローに姿を変えたという。

【出演SS】

【イメージイラスト】