【元ネタ】史実
【CLASS】キャスター
【マスター】
【真名】クリスチャン・ローゼンクロイツ
【性別】男性
【身長・体重】174cm・58kg
【属性】秩序・善
【ステータス】筋力E 耐久D 敏捷D 魔力A 幸運B 宝具A
【クラス別スキル】
陣地作成:B
 魔術師として、自らに有利な陣地を作り上げる。
 “工房”の形成が可能。

道具作成:B
 魔力を帯びた器具を作成できる。

【固有スキル】
魔術:A
 特に治癒や錬金術、占星術を得意としている。

分割思考:D
 思考中枢を仮想的に4つに分け、同時に運営する。
 分割したそれぞれの思考により、多数の使い魔を一度に制御することができる。

【宝具】
『世界の書(リベル・ヴェル・ムンディ)』
ランク:B 種別:魔術宝具 レンジ:1~40 最大捕捉:500人
 ヘルメス・トリスメギストスの著書の写本。
 周囲を一時的に『世界の書』の内部へと作り変える。
 この世界に存在する全ての魔術刻印を複写・記録・保存し、
 魔力を流すだけで一工程(シングルアクション)の魔術として行使できるようにする。
 また、記録・保存した魔術刻印を、任意の相手に移植することができる。
 このとき、移植された刻印は、対象者の肉体にほぼ完全になじむ。

『勝利の書(リベル・ヴェル・トライアンフ)』
ランク:A 種別:魔術宝具 レンジ:??? 最大捕捉:???
 『世界の書』の中でのみ使用可能。
 真名開放と共に、頭上に巨大なセフィロト図を生じさせる。
 これは展開された『世界の書』の法則の顕在化であり、
 セフィラ(球)とパス(小径)の組み替えによって空想具現化に近い奇跡を行使できる。
 このため、セフィロト図が破壊されるたびに精度と規模が低下し、
 完全に破壊されれば、展開していた『世界の書』も破壊される。

【解説】
 伝説の秘密結社、薔薇十字団の創始者とされるドイツ人の魔術師。
 聖地巡礼の最中に立ち寄った中東で、賢者たちから魔術と『Mの書』を授かる。
 ドイツに戻ったローゼンクロイツは、獲得した魔術を使い、無償で人助けを行った。
 しかし、当時の教会に異端視され、追われる身となった。
 ローゼンクロイツは聖霊の家という建造物を建て、少数の弟子とともにそこに住み込み、魔術の研究に専念した。
 次第に弟子は集まり、その数が8人となった時、ローゼンクロイツは弟子たちに諸方を巡らせ、
 病人の治療を無償で行わせた。そして自分は一人、聖霊の家で魔術の研究を続けたとされる。
 彼は108歳で寿命を迎え、聖霊の家の秘密の部屋に葬られた。
 120年後、薔薇十字団の団員の一人が偶然、秘密の部屋への隠し扉を発見する。団員を待っていたのは、
 120年後に発見されるという予言が記された扉と、腐敗もミイラ化もしないまま横たわるローゼンクロイツの遺体、
 そして数々の魔術的な副葬品であった。

【イメージイラスト】

【出演SS】