【元ネタ】北欧神話
【CLASS】ライダー
【マスター】
【真名】スキールニル
【性別】男性
【身長・体重】175cm・66kg
【属性】混沌・中庸
【ステータス】筋力C 耐久C 敏捷B 魔力B 幸運C 宝具A++
【クラス別スキル】
対魔力:A+(C)
 『ガンバンディン』により強化され、A+以下の魔術を全てキャンセルする。
 事実上、魔術ではスキールニルに傷をつけられない。

騎乗:A
 騎乗の才能。大抵の乗り物なら人並み以上に乗りこなせるが、
 幻獣・神獣ランクの獣は乗りこなせない。

【固有スキル】
直感:C
 戦闘時、つねに自身にとって最適な展開を”感じ取る”能力。
 敵の攻撃を初見でもある程度は予見することができる。

不退の杖:C
 魔杖『ガンバンディン』による呪術。
 『ガンバンディン』を九回打ち付ける事により、他者に呪いをかけることが可能。

 【宝具】
『勝利の剣(ユングヴィテイン)』
ランク:A++ 種別:対軍宝具 レンジ:1~50 最大捕捉:100人
 フレイの妻ゲルドを迎えにいく為、スキールニルに授けられた魔剣。
 刀身に刻まれたルーン文字によって、ひとりでに鞘から飛び出して敵陣へと斬り込むとされ、
 使用者に指定された通りの軌道で動き、命令さえあれば空間跳躍や多重次元屈折現象すら可能とする。
 だが剣自身に自律した判断能力は存在しない為、事前に指定したとおりの動きしか出来ず、
 一度指定した命令を取り消したり、新たに与える為には、剣を握って指示を出す必要がある。
 その為、有効に活用するためには戦況を何十手先までも予測し、誘導する知恵が必要不可欠な、
 愚者が握ればなまくらになる「持ち主の知性に性能が左右される剣」である。

『血塗れの蹄(ブローズグホーヴィ)』
ランク:B+ 種別:対人宝具 レンジ:1~50 最大捕捉:1人
 フレイの所有していた、真紅の毛を生やした牡の駿馬。
 空中であろうが海中であろうが如何なる馬よりも速く走り、
 暗闇の中にあっても燃えるように輝いて周囲を照らし出すという。
 巨人の国の周囲を守る炎の壁を飛び越える為にスキールニルに与えられた。
 魔力防壁にダメージを与え、裂け目を作ることができる。
 さらに上方に作ったその裂け目を“道”とすることによって、
 そこを駆けて壁を越える『防壁破壊』スキルを持つ。

【Weapon】
『ガンバンディン』
 ヘルモードが所有していた杖。
 九つ打てば何者であろうと呪いをかける事ができ、
 また他者の行使する魔術を掻き消す事が可能とされる。
 本来は宝具級の武具だが、キャスターではない為に大きく弱体化している。

【解説】
スキールニル。北欧神話の神フレイの親友であり、従者でもあった人物。
「妖精でも、アース神でも、賢いヴァンル神族の子でもない」と自ら名乗った事から、
恐らくは何の力も持たない、ただの人間であったのだろうと思われる。
ある時、フレイが巨人の娘ゲルダに一目惚れをした事を知ったスキールニルは、
彼女をフレイの妻に迎えるべく、ヨーツンヘイムへと向かう事を決意する。
フレイから巨人とも戦える『勝利の剣』と、巨人国を守る炎の壁を越える為に『魔法の馬』を、
ヘルモードからは魔法の杖『ガンバンディン』を借り受けて、恐るべき巨人の国へと一人旅立った。
やがて冒険の果てにゲルダを見つけ出す事に成功したスキールニルであったが、
様々な宝物をもゲルダが拒んだ為、「剣で父を殺し、杖で呪いをかけるぞ」と脅して連れ帰る事に成功。
こうしてフレイの恋を成就させたスキールニルは、褒美として供与された品々を授かる事になり、
その後もフェンリルを捕縛する為にグレイプニルを調達するなど、神々の従者として活躍したという。
だが、神々の黄昏を意味する戦争ラグナロクにスキールニルが参戦することはなく、
結果、『勝利の剣』を手放してしまっていたフレイは、スルトに敗れることになったという。