【元ネタ】史実
【CLASS】ライダー
【マスター】
【真名】坂本龍馬
【性別】男性
【身長・体重】182cm・78kg
【属性】混沌・善
【ステータス】筋力D 耐久D 敏捷C 魔力E 幸運B 宝具D
【クラス別スキル】
対魔力:E
 魔術に対する守り。無効化は出来ず、ダメージ数値を多少削減する。

騎乗:D+
 騎乗の才能。大抵の乗り物なら人並み程度に乗りこなせる。
 さらに、騎乗したものによる命中判定に有利な補正が掛かる。

【固有スキル】
単独行動:A
 マスター不在でも行動できる。
 ただし宝具の使用など膨大な魔力を必要とする場合はマスターのバックアップが必要。

心眼(真):C-
 修行・鍛錬によって培った洞察力。
 窮地において周囲の状況を冷静に把握し、
 その場で残された活路を導き出す“行動論理”
 状況改善の可能性が数%でもあるのなら、
 その作戦を実行に移せるチャンスを手繰り寄せられる。
 ただし、このスキルは戦闘に使用することは出来ない。

カリスマ(偽):D
 人的魅力。
 龍馬の話を聞いた相手は、長く話を聞き続けるほど彼に惹かれていく。
 効果は強いものではないが、魔力的なものではない為抵抗は難しい。

【宝具】
『維新の両手(れぼりゅうしょん)』
ランク:D 種別:対人宝具 レンジ:0 最大捕捉:1人
 時代の最先端を掴む両手。
 手に持つ物を、神秘と科学という相反する二つの側面から進化させる。
 進化の度合い、持続する時間は、龍馬の魔力消費量に比例する。

『突き進め時代を越えて(海援隊)』
 ランク:E  種別:騎乗宝具 レンジ:- 最大捕捉:-
 坂本龍馬が結成した貿易商社を具現する輸送船団。
 全ての船が格納庫として機能する。
 耐久性はただの船同然なので、
 大きな衝撃を受けるなどすると大破する。

【Weapon】
『S&Wモデル2』
 高杉晋作から贈呈され、寺田屋事件の際に使用した銃。

『吉行』
 龍馬の愛刀。土佐藩の鍛治奉行である陸奥守吉行の鍛えた古刀。

【解説】
 幕末に活躍した異色の維新志士。
 北辰一刀流千葉道場の塾頭だったが、人を殺したことは一度もなかった。
 当初は武市半平太率いる土佐勤皇党の一員であったが、
 意見の対立でそのまま脱藩し、江戸の千葉道場に身を寄せる。
 その後は伝手で勝海舟と知り合い神戸海軍塾の塾頭として操船術を磨く。
 西郷吉之助の支援により日本初の株式会社である亀山社中を開設。
 第二次長州征伐では乙丑丸によって長州藩を海から支援した。
 土佐藩との関係修復後には海援隊を組織して、貿易と海運に活躍し、
 いろは丸沈没事件では御三家である紀州藩に賠償金を支払わせた。
 仲介役として桂小五郎と西郷吉之助を引き合わせて薩長同盟を締結させ、
 後藤象二郎や土佐藩を介して大政奉還を実現させたり、
 穏健派として内戦回避に尽力したが、
 1867年12月10日、京の近江屋にて中岡慎太郎とともに暗殺される。
 豪傑に相応しい風貌と度胸を備えてはいたが、
 維新志士にありがちな急進性は乏しく、声高に自己主張をすることもなく、
 どちらかと言うと落ち着いて淡々と語る人物だったとされる。