【元ネタ】アーサー王物語群
【CLASS】セイバー
【マスター】
【真名】モードレッド
【性別】男性
【身長・体重】155cm・47kg
【属性】秩序・悪
【ステータス】筋力B 耐久A 敏捷B 魔力A 幸運D 宝具A+
【クラス別スキル】
対魔力:B
 魔術発動における詠唱が三節以下のものを無効化する。
 大魔術、儀礼呪法等を以ってしても、傷つけるのは難しい。

騎乗:B
 騎乗の才能。大抵の乗り物なら人並み以上に乗りこなせるが、
 魔獣・聖獣ランクの獣は乗りこなせない。

【固有スキル】
戦闘続行:B
 不屈の妄念。
 瀕死の傷でも戦闘を可能とし、死の間際であっても戦いの手を緩めない。

心眼(偽):B
 直感・第六感による危険回避。

話術:C
 言論にて人を動かせる才。
 国政から詐略・口論まで幅広く有利な補正が与えられる。
 専横者に反逆する勇気を相手に与える。

魔力放出:B
 武器、ないし自身の肉体に魔力を帯びさせ、
 瞬間的に放出する事によって能力を向上させる。

【宝具】
『簒奪された王位の剣(クラレント)』
ランク:A+ 種別:対人宝具 レンジ:1~2 最大捕捉:1人
 モードレッドが“王権”を“簒奪”するために奪った戴冠の宝剣。
 真名解放で周囲に在る魔力を奪い能力を上昇させる“簒奪王剣”である。
 また、真名を解放していない状態であっても、
 この剣で傷つけた分のダメージは最大HPの簒奪という効果は発揮され、
 その傷は決して癒えず、傷口からは少しずつ魔力が流れ出るようになってしまう。
 また使用者が死んだ場合、1度限り簒奪した分でHPを回復して自動蘇生される。
 ちなみに、簒奪したのはあくまで最大HPであるため、
 この蘇生効果はモードレッドの最大HPを突き抜ける。

【解説】
 アーサー王の息子にして、反逆の騎士。
 アーサー王とその姉モルガンの間に産まれ、
 マーリンに国を滅ぼす運命にあると予言された。
 アグラヴェインら兄弟とともに、ランスロットとグィネヴィア王妃の不倫を暴く。
 それが原因となったランスロットの反乱を鎮圧するため、アーサー王が国を離れると、
 その隙をついて反乱を起こし、キャメロットを制圧し、アーサー王の帰還を待ち伏せた。
 その最期に父アーサーとの一騎打ちを演じ、頭を割られるも致命傷を与える。
 近代創作物『Fate/stay night』、他、シリーズ作品においては、
 モルガンが作ったアーサー王のクローンのようなホムンクルスとして描かれており、
 父アーサーへの愛憎によって反乱を起こしたとされている。

【出演SS】