【元ネタ】古今著聞集、田村の草子、etc
【CLASS】セイバー
【マスター】
【真名】鈴鹿御前
【性別】女性
【身長・体重】171cm・53kg
【属性】混沌・中庸
【ステータス】筋力B 耐久D 敏捷B 魔力A 幸運A 宝具A+
【クラス別スキル】
対魔力:B
 魔術発動における詠唱が三節以下のものを無効化する。
 大魔術、儀礼呪法等を以ってしても、傷つけるのは難しい。

騎乗:B
 騎乗の才能。大抵の乗り物なら人並み以上に乗りこなせるが、
 魔獣・聖獣ランクの獣は乗りこなせない。

【固有スキル】
怪力:C
 一時的に筋力を増幅させる。魔物、魔獣のみが持つ攻撃特性。
 使用する事で筋力をワンランク向上させる。持続時間は“怪力”のランクによる。

神性:E-
 神霊適性を持つが、ほとんど退化してしまっている。
 英霊自身の魔物、魔獣としてのランクが上がる度に減少していく。

六神通:A
 鈴鹿御前の保有する神通力。
 漏尽通を除く五神通を習得しており、同ランクの千里眼に加えて
 飛行、物質透化、順風耳、読心等を可能とする。

【宝具】
『阿修羅三連(あしゅらさんれん)』
ランク:A+ 種別:対軍宝具 レンジ:3~50 最大捕捉:500人
 『大通連』『小通連』『顕妙連』の三振りの宝剣。
 鏡の如き刀身は使い手の精神を移して自在に姿を変え、宙に放てば意のままに動く。
 真名解放と同時に投擲することで合わせ鏡となり、無数の剣群と化して空間を制圧する。

【Weapon】

【解説】
 第六天魔王の娘。別名を立烏帽子という。
 日本の転覆を図り、同格の鬼神・大嶽丸と連絡を取るが返信が無く、逆に己を征伐に来た田村丸に惚れ込み、
 絶大な通力を以って彼を打ち負かし、助命と引き換えに二世の契りを交わす。
 六年の同棲の後、田村丸の懇願で帝に謁見し、鈴鹿山の主として認定される。
 神通力を駆使して田村丸を援け、明石の高丸や大嶽丸を討つ。
 天命により25歳で寿命を迎えるが、近江国で死んだ同年の娘に転生し、田村丸と再会。二世の契りは守られたという。
 伝承によっては天女や鬼女、時にはただの盗賊とされることもあり、巫覡・盗賊、魑魅魍魎が跋扈した中世の鈴鹿山の様相が窺える。

【出演SS】