【元ネタ】アーサー王物語群
【クラス】セイバー
【マスター】
【真名】イウェイン
【性別】男
【身長・体重】185㎝・85kg
【属性】秩序・善
【ステータス】筋力B 耐久C 敏捷B 魔力D 幸運C 宝具B
【クラス別スキル】
対魔力:B
 魔術発動における詠唱が三節以下のものを無効化する。
 大魔術、儀礼呪法等を以ってしても、傷つけるのは難しい。

騎乗:B
 騎乗の才能。大抵の乗り物なら人並み以上に乗りこなせるが、
 魔獣・聖獣ランクの獣は乗りこなせない。

【固有スキル】
気配遮断:C
 姿隠しの指輪による気配遮断。隠密行動に適している。
 完全に気配を断てば発見する事は難しい。
 ただし、自らが攻撃態勢に移ると気配遮断のランクは大きく落ちる。

言語理解:C
 鳥獣たちの言葉を理解することができる。

直感:D
 戦闘時、つねに自身にとって有利な展開を”感じ取る”能力。
 攻撃をある程度は予見することができる。

【宝具】
『黒翼繚乱(ケンヴェルヒン)』
ランク:B 種別:対軍宝具 レンジ:1~30 最大捕捉:300人
 祖父キンヴァルフより受け継いだ漆黒の剣。
 真名の解放と共に三百羽の鴉と化し、乱れ飛ぶ。
 その舞い散る羽の全てが刃であり、触れるものを切り裂く。

『白獅子(ル・シュヴァリエ・ロ・リオン)』
ランク:B 種別:対人宝具 レンジ:- 最大捕捉:1人
 かつてイウェインと共に竜を破り、以来イウェインの傍に付き従った勇敢なる獅子。
 『白獅子』は意志と生命を持つ宝具であり、イウェインの為に行動する。
 『白獅子』は攻撃能力こそ大きくないが、「追撃する」「足止めする」「生き残る」ことに特化している。
 また、イウェインが危機的状況に陥ったとき、イウェインの近くへ自動的に転移する。

『湖の黒鎧(アスカローン)』
ランク:D 種別:対人宝具 レンジ:0 最大捕捉:自身
 イウェインが湖の主アスカローンを破り手に入れた漆黒の鎧。
 自身を中心とする狭い範囲の水を自動的に操る魔力を有しており、
 光の屈折によって自身の立ち位置を対象に誤認させる効果を持つ。

【解説】
 円卓の騎士の一人、獅子の騎士と呼ばれガウェインの親友。
 祖父から受け継いだ三百本の剣を持つ、また三百羽の鳥を使い魔としている。
 竜と戦っていた獅子に加勢し、竜を退治。以後その獅子はイウェインを主人と定め付き従う。
 泉の黒騎士を倒し、新たな泉の守護者として認められる。
 しかし奥さんとの約束を破って、離婚宣告される。結果発狂。
 モルガンの薬で正気に戻り、名誉を回復するために数々の武行を重ねる(巨人退治とかアーリーエルス伯の軍と戦ったりとか)
 その中で黒茨伯の姉妹による、遺産相続問題でガウェインと対決することとなる。
 黒鎧に身を隠していたイウェインとガウェインは互角の戦いを演じるが、お互いの正体が知れると戦いは仲裁された。
 その後、名高い獅子の騎士はイウェインであると知った、ローディーヌは彼を許し以後は幸せに暮らしたとされる。

【出演SS】