【元ネタ】北欧神話
【CLASS】セイバー
【マスター】
【真名】シグルド
【性別】男性
【身長・体重】189cm・84kg
【属性】混沌・中庸
【ステータス】筋力A 耐久B 敏捷A 魔力B 幸運E 宝具A++
【クラス別スキル】
対魔力:A
 竜の血を浴びて得た対魔力がさらに強化され、A以下の魔術は全てキャンセル。
 事実上、現代の魔術師ではセイバーに傷をつけられない。

騎乗:A
 幻獣・神獣ランクを除くすべての獣、乗り物を自在に操れる。

【固有スキル】
言語理解:C
 竜の血を浴びたことにより得た異能。
 鳥獣たちの言葉を理解することができる。

黄金律(偽):A
 アンドヴァリの指輪により得たスキル。
 一生金銭で困ることはないが、反面、不運を呼び寄せる。

【宝具】
『竜血鋼鱗(ドラグーン・シュラウド)』
ランク:A 種別:対人宝具 レンジ:- 最大捕捉:1人
 ファフニールの血によってもたらされた呪いの肉体。
 肩甲骨の間の部分を除いて、全身を鋼鉄のように強化する防御膜を表皮に形成しており、
 物理攻撃ではAランク相当の筋力によっても微傷程度のダメージしか与えられない。
 真名開放で肩甲骨の間の部分を除いた全身に、毒々しい血の色をした『竜血鋼鱗(ドラグーン・シュラウド)』を纏う。
 これにより弱点であった宝具・魔術・呪いを含むすべての攻撃を完全無効化する。
 しかし、真名開放中は毎ターン膨大な魔力を消費するので、持続時間は数分程度である。

『運命られし破滅の剣(グラム)』
ランク:A++ 種別:対城宝具 レンジ:1~99 最大捕捉:1000人
 ヴォルスング王の大樹に突き立てられていた、最強の魔剣。
 真名開放とともに刀身を燃料として破砕し、巨大な炎の刃を形成する。
 その炎の刃は恒星の如き膨大な熱量と輝きを持ち、通過する全ての対象を焼却する。
 また、周囲に対し、熱エネルギーの余波による無差別な攻撃を行う。
 この炎は竜殺しの特性を備えており、竜種及びそれに起因する属性を持つ者には追加ダメージを与える。
 砕けた刀身は柄に持ち主の魔力を充填することで、再び宝具としての機能を取り戻すことが出来る。

【解説】
 北欧神話における英雄中の英雄。
 オーディンの子孫とされるシグムントの息子で、父の形見である太陽剣グラムを片手に数々の戦功を挙げる。
 悪竜ファフニールを倒してその血を浴びることで不死身の肉体を手に入れ、
 同時にニーベルング族の黄金と財宝を手に入れるが、その中の一つ、アンドヴァリの指輪によって呪われた宿命を背負う。
 ブルグント族の姫と結婚してネーデルランドの王となるが、
 かっての恋人である戦乙女ブリュンヒルドとの痴情のもつれの結果、
 彼女の放った刺客に弱点である肩甲骨の間を衝かれて暗殺される。
 その死後、彼の遺産を巡って、血を血で洗うが如き復讐劇が起こった。

【イメージイラスト】

【出演SS】