【元ネタ】ベーオウルフ
【CLASS】セイバー
【マスター】
【真名】ベーオウルフ
【性別】男性
【身長・体重】200cm・150kg
【属性】秩序・善
【ステータス】筋力A+ 耐久A 敏捷C 魔力E 幸運C 宝具A
【クラス別スキル】
対魔力:D
 一工程(シングルアクション)による魔術行使を無効化する。魔力避けのアミュレット程度の対魔力。

騎乗:D
 騎乗の才能。大抵の乗り物なら人並み程度に乗りこなせる。

【固有スキル】
勇猛:B
 威圧・混乱・幻惑といった精神干渉を無効化する能力。
 また、格闘ダメージを向上させる効果もある。

心眼(真):D
 修行・鍛錬によって培った洞察力。
 窮地において自身の状況と敵の能力を冷静に把握し、
 その場で残された活路を導き出す“戦闘論理”。

戦闘続行:B
 瀕死の傷でも戦闘を可能とし、決定的な致命傷を受けない限り生き延びる。

炎避けの加護:A
 竜の炎を防いだという盾が加護化したもの。炎属性の攻撃を無効化。

【宝具】
『赤原猟犬(フルンティング)』
ランク:B 種別:対人宝具 レンジ:1~5 最大捕捉:1人
 水魔討伐の際にウンフェルスがベーオウルフに授けた剣。
 決して持ち主を裏切ることはなく、刀剣は血をすするごとに硬くなっていくという。
 敵を自動で感知し、追尾する機能を備えた宝具。
 ベーオウルフの攻撃を相手が回避しても、自動的に軌道が修正されるため、ほぼ確実に命中する。
 相手にダメージを与える毎に命中精度がアップし、より早く、より相手の急所へと振りかかるようになる。
 投擲した場合にも同様の効果を発揮し、敵に向けて自動的に攻撃を繰り返し続け、持ち主をサポートする。

『尖輪猟犬(ネイリング)』
ランク:C 種別:対人宝具 レンジ:2~10 最大捕捉:1人
 担い手が魔力を込めることで、尖った刀身がドリルのように回転し、その攻撃力を向上させるという剣。
 レンジ内の相手に対する反撃時にのみ真名開放が可能で、敵の攻撃手段を問わず、その敵の至近距離へ担い手ごと空間転移する。

『無双の鉄腕(ヘアルフデネ)』
ランク:A 種別:対人宝具 レンジ:1 最大捕捉:1人
 宝剣をもってしても傷つけられなかったという怪物を、素手で殺したという逸話の具現。
 ベーオウルフが素手の状態のとき、その拳はAランク宝具として扱われる。
 竜種の護りを貫いたことから、防壁無効能力を持ち、Bランク以下の防御能力を一方的に貫通し、Aランクでも重大なダメージを与えることが可能。
 当たり所次第ではランクの低い宝具であれば一方的に打ち勝ち、破壊することも可能。
 また、魔性スキルを持つ相手に対して単独で戦闘を行う場合、筋力、耐久、敏捷のステータスが上昇する。

【解説】
 叙事詩『ベーオウルフ』で、勇士30人分の怪力を誇るとされた孤高の王。
 若い頃にグレンデルと、その母親である水魔を退治する。
 幼い頃にフロースガール王から受けた訓戒を忠実に守り、過剰な自己主張をせず、
 常に謙虚に振舞っていたため、周囲からは臆病者と蔑まれ続けた。
 王位についた後、宝を盗まれ暴れ始めた竜と戦い、これを倒す。
 しかし、ベーオウルフ自身、竜との戦いで負った傷によりこの世を去った。

【イメージイラスト】

【出演SS】